2009後期の展覧会の記録

ホームへ
  会 期 展 覧 会 名 備   考
2009年 12/4~20 特集展示『小林裕児 版画の世界』  
11/14~11/29 コレクションへの誘い2009:Autumn Sale
木版画
 
10/24~11/8 9周年記念展 ミニアチュール展 2009
-風景7の視点
 
10/3~10/18 移転記念特別展『立体的ナルモノ』  
6/22~6/28 森川 護展  
6/12~6/21 特集展示『大下百華 10年の軌跡』  
5/29~6/8 水津 燧展  
5/16~5/26 コレクターの眼差しPart 2+
ドローイングの魅力展
鶴巻貴子・東 直樹・大塩紗永・小林裕児・
佐藤恵美・白木ゆり 高橋美由紀・瀧谷美香・
皆川奈緒子・宮井里夏・宮崎文子
5/2~5/12 Box Art 8人の小宇宙 大貫真寿美・作田富幸・霜鳥健二・瀧谷美香・
北條佐江子・星野健司・水津燧・村木 薫


特集展示『小林裕児 版画の世界』
会期:2009年12月4日(金)から12月20日(日)まで 会期中12/10,17(木)休廊

「Untitled」 「Untitled」 「Untitled」 「Untitled」
「水をあびるヴィーナス」
リトグラフ、エンボス
45.0×29.5cm
「果樹園にて」
リトグラフ
35.0×29.0cm
「舟と人」
エッチング
15.0×12.0cm
「On The Table」
エッチング
14.5×18.0cm

「Untitled」 「Untitled」 「Untitled」 「Untitled」
「王 女」
エッチング
10.0×7.0cm
「飛 翔」
エッチング
10.0×7.0cm
「対 話」
エッチング
5.3×9.0cm
「大 馬」
エッチング
6.5×7.3cm
 
▲TOPへ

コレクションへの誘い2009:Autumn Sale 木版画
会期:2009年11月14日(土)から11月29日(日)まで 会期中11/19,26(木)休廊

 
 
▲TOPへ

9周年記念展 ミニアチュール展2009-風景7の視点
会期:2009年10月24日(土)から11月8日(日)まで 会期中10/29,11/5(木)休廊

 
 
 
▲TOPへ

移転記念特別展『立体的ナルモノ』
会期:2009年10月3日(土)から10月18日(日) 会期中10/8,15(木)休廊

 
 
▲TOPへ

森川 護展
会期:2009年6月22日(月)から6月28日(日)まで 会期中無休
「Untitled」 「Untitled」 「Untitled」 「Untitled」
「Untitled」
ミクストメディア、紙
44.0×32.5cm
「Untitled」
ミクストメディア、紙
44.0×32.5cm
「Untitled」
ミクストメディア、紙
44.0×32.5cm
「Untitled」
ミクストメディア、紙
44.0×32.5cm
 
 森川さんはこの数年、洪水のように、描く衝動におそわれているのだろう。何を描くという、その「何」を追い越して「描く」ことが森川さんの心と体を動かしているようだ。
それは素晴らしい人生の時間だと思う。その「描く」を、個展という場で第三者の前に置く。そのように立ち止まる時間の場に、遠くから「何」がゆっくり追いついてくるといい。そこからきっと、森川さんの「絵」が歩き始める。
(大倉 宏・美術評論家)
 
森川 護展 会場風景(2009.6.22~28)
 
▲TOPへ

特集展示『大下百華 10年の軌跡』
  会期:2009年6月12日(金)から6月21日(日)まで 会期中 6/18(木) 20(土)休廊

beyond the forest Someday's dream イメージは積み木のよう 休息の日
「beyond the forest」
版を用いたドローイング
34.0×44.0cm
「Someday's dream」
版を用いたドローイング
41.5×44.5cm
「イメージは積み木のよう」
油彩、ミクストメディア
キャンバス     F12
「休息の日」
油彩、ミクストメディア
キャンバス  M10

赤い扉 We have a spring of a life Ⅴ 風を描く人 空に咲く花
「赤い扉」
木版 42.5×27.5cm
「We have a spring of a life Ⅴ」
木版 40.5×39.0cm
「風を描く人」
木版 35.5×54.5cm
「空に咲く花」
木版 36.5×29.5cm

Artist Profile
1971年 東京生まれ
1998年 創形美術学校研究科版画専攻修了
第66回日本版画協会展「山口源新人賞」
1999年 第67回日本版画協会展「版画協会賞」
2000年 個展(楓画廊) 以後 '02
2003年 『蔵書票への誘い展』(楓画廊)
個展(プエブロ美術館・メキシコ)
2006年 『12×12のドローイング展vol.2』(楓画廊)
現 在 日本版画協会会員 石川県加賀市在住

 2000年11月に当画廊のオープニングを飾ってくれた大下百華さんの作家活動を辿る特集展示を開催致します。初期のドローイングから木版画の最新作まで、油彩画も含め20点程で展観致します。是非ご覧下さい。
会場風景   会場風景
-特集展示『大下百華 10年の軌跡』-会場風景(2009.6.12~21)
▲TOPへ

□水津 燧展
  会期:2009年5月29日(金)から6月8日(月)まで 会期中6/4(木)休廊
  作家在廊日:5/30(土)

「流れを見つめて」
フレスコ
35.5×35.5cm
「樹は廻る」
フレスコ
25.0×25.0cm
「The Species #3」
フレスコ
25.0×25.0cm
「The Species #4」
フレスコ
25.0×25.0cm

「棘蔓 1」
 フレスコ  
30.5×21.0cm

「棘蔓 2」
フレスコ
30.5×21.0cm

「森の中の熾火」
フレスコ
29.0×25.5cm

「サンクチュアリ」
フレスコ
 30.5×21.0cm

水津 燧Artist Profile
1952年 新潟県佐渡市生まれ 東京造形大学で絵画を学ぶ / '81~'84 英国ロンドンを中心に個展活動をする。国立美術館で模写を続ける。/ '84 個展(新宿紀伊国屋画廊・故 坂崎乙郎氏による企画展)/ '04 個展(楓画廊)以後 '05 / '05 個展(新宿紀伊国屋画廊)以後 毎年 / 現在 無所属


 近年「バイオロマンティシズム」をテーマに制作、発表を続ける水津さんの4年ぶりの当画廊での個展です。
フレスコ画を中心に、テンペラ画、素描20点程での展観です。是非ご覧下さい。

   
-水津 燧展-会場風景(2009.5.29~6.8)
▲TOPへ

□コレクターの眼差しPart 2+ドローイングの魅力展
  会期:2009年5月16日(土)から5月26日(火)まで 会期中5/21(木)休廊

ドローイングの魅力展 出品作家:東 直樹・大塩紗永・小林裕児・佐藤恵美・白木ゆり 高橋美由紀・瀧谷美香・
                皆川奈緒子・宮井里夏・宮崎文子

コレクターの眼差しPart 2 出品作:鶴巻貴子作品
「Child Nature」
エッチング、アクアチント
60.5×94.0cm
「Queen Box」
エッチング、アクアチント
60.5×60.5cm
「Winter Land」
エッチング、アクアチント
60.5×60.5cm

ドローイングの魅力展出品作
佐藤恵美「黒猫」
鉛筆、紙
20.0×30.0cm
瀧谷美香「森の海容」
鉛筆、紙
33.0×47.5cm
大塩紗永
「A shape in the sky」
版画、ミクストメディア
36.5×45.0cm
宮崎文子「まち」
パステル、紙他
21.2×35.3cm

 コレクターの眼差しPart 2では、県立万代島美術館で現在開催中の『美の視点 記憶のかたち』でも展示中の鶴巻貴子の大型銅版画4点(個人コレクション)を展示致します。『ドローイングの魅力展』は、ギャラリーコレクションに新作を加え15点程で「線描の魅力」を堪能いただければと願っています。是非ご覧下さい。
   
-ドローイングの魅力展-会場風景(2009.5.16~26)
▲TOPへ

□Box Art 8人の小宇宙
  出品作家:大貫真寿美・作田富幸・霜鳥健二・瀧谷美香・北條佐江子・星野健司・水津燧・村木 薫
  会期:2009年5月2日(土)から5月12日(火)まで 会期中5/7(木)休廊

大貫真寿美
「inside しずくと舟」
コラージュ、ガラス、その他
25.0×25.0×5.0cm
作田富幸「nervous rabbit」
銅版画雁皮コラージュ、
その他
25.0×25.0×11.0cm
霜鳥健二
「影-Ⅰ」
鉄、ボックス(木)
25.0×25.0×5.0cm
瀧谷美香
「沈む月」

ミクストメディア
25.0×25.0×10.0cm

北條佐江子
「2009.May box-Ω(オメガ)」

ミクストメディア
25.0×25.0×32.0cm
星野健司
「Non name objct(神託)」
 鉄、鉄錆
11.0×11.0×17.0cm
水津 燧 
「水鏡」
フレスコ
25.0×25.0×4.0cm
村木 薫
「土の翼-もうひとつの新潟」

インド砂岩、土、その他
25.0×25.0×33.0cm

 『8人の小宇宙』と題して、Box Artの第3回展を開催致します。日頃はタブローや版画といった平面作品を手がけている作家5名、彫刻制作を中心に活動している作家3名というラインナップです。25cm×25cmのサイズの中でそれぞれが生み出す小さな世界をご堪能下さい。
   
-Box Art 8人の小宇宙-会場風景(2009.5.2~5.12)
▲TOPへ
⇒2009年前期の展覧会の記録へ

ホームへ