Exhibitions

開催中の展覧会 次回の展覧会 展覧会の記録 ホームへ

■田村あや 展


 会期:2018年6月21日(木)から6月30日(土)まで 会期中6/27(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

花をモチーフに、
画面上の余白の取り方や奥行き感の表現など、
独自の宇宙観の表現に真摯に取り組み続ける
田村あやさんの3年ぶりの個展です。



主な展示作品

田村あや「クリスマスローズ」    「クリスマスローズ」
紙に水彩
250×172mm
2018年
sold
田村あや「勿忘草」    「勿忘草」
紙に水彩
250×165mm
2018年
sold
田村あや「ガクあじさい」    「ガクあじさい」
紙に水彩
240×165mm
2018年
田村あや「ナニワイバラと勿忘草」    「ナニワイバラと勿忘草」
紙に水彩
250×165mm
2018年
sold
田村あや「ばら(ファイティングテメレア)」    「ばら(ファイティングテメレア)」
紙に水彩
350×255mm
2018年
sold

▲TOPへ



展覧会の記録

お問い合わせ info@kaede-g.com

展覧会の記録
会 期 展 覧 会 名 備   考
2018年 6/21~ 6/30 田村あや 展
会場:Kaede Gallery+full moon
6/ 2~ 6/16 特集展示 銅版画の詩情
会場:Kaede Gallery+full moon
5/18~ 5/26 常設展II−立体の魅力
会場:Kaede Gallery+full moon
5/ 5~ 5/13 舟見倹二 BoxArtの世界 Part2「デザインの小宇宙」
会場:Kaede Gallery+full moon
4/14~ 4/28 舟見倹二 BoxArtの世界 Part1「記憶の集積」
会場:Kaede Gallery+full moon
3/17~ 3/31 My Sweet Home III−日常の器  押味くみこ×後藤奈々×鈴木宏美
会場:Kaede Gallery+full moon
3/ 2~ 3/11 岩橋竜治展−生活の視線
会場:Kaede Gallery+full moon
1/12~ 1/21 特集展示 夜を描く絵画
会場:Kaede Gallery+full moon
2017年 12/08~12/17 For Christmas2017 佐藤裕美×弦巻理江×星野貴代
会場:Kaede Gallery+full moon
11/24~12/ 3 田代倫章 陶展
会場:Kaede Gallery+full moon
11/ 4~11/18 コイズミアヤ展「かさなりとかたまり」
会場:Kaede Gallery+full moon
10/22~10/30 ギャラリーコレクション 展
会場:Kaede Gallery+full moon
10/ 6~10/15 近藤達雄展 「花、女、夜 その5」
会場:Kaede Gallery+full moon
9/16~ 9/30 ヒラタヒロヒコ 展
会場:Kaede Gallery+full moon
8/27~ 9/10 坪井麻衣子 展
会場:Kaede Gallery+full moon
7/07~ 7/17 特集展示「猫のいる・・・」
会場:Kaede Gallery+full moon
6/17~ 7/01 好宮 佐知子 展
会場:Kaede Gallery+full moon
5/13~ 5/27 星奈緒「空想のカーテン」
会場:Kaede Gallery+full moon
4/15~ 4/29 星野貴代 陶展
会場:Kaede Gallery+full moon
3/11~ 3/25 My Sweet Home II:コイズミアヤ×中村文治×矢尾板克則
会場:Kaede Gallery+full moon
2/24~ 3/ 5 版画セレクション展:井上 厚 木版画の世界
会場:Kaede Gallery+full moon
1/ 8~ 1/17 特集展示 わたしの琳派
会場:Kaede Gallery+full moon
2016年 12/02~12/11 For Christmas 2016:押味くみこ×小山まさえ×佐藤裕美
会場:Kaede Gallery+full moon
11/18~11/27 常設展V:コイズミアヤの世界
会場:Kaede Gallery+full moon
11/04~11/13 特集展示 絵と日々の道具
会場:Kaede Gallery+full moon
10/21~10/30 版画コレクション展:Prints of Young Artists
会場:Kaede Gallery+full moon
10/01~10/15 中村文治×渡辺政光展
会場:Kaede Gallery+full moon
09/10~09/24 信田俊郎 新作展
会場:Kaede Gallery+full moon
06/24~07/17 Summer Selection 2016
会場:Kaede Gallery+full moon
06/03~06/12 押味くみこ陶展−満ちる月
会場:Kaede Gallery+full moon
05/06~05/15 常設展III:たおやかな器 (漆器)
会場:Kaede Gallery+full moon
04/16~04/30 星野 貴代 陶展
会場:Kaede Gallery+full moon
04/01~04/10 常設展 II:春の彩り
会場:Kaede Gallery+full moon
03/18~03/27 小山まさえ 展
会場:Kaede Gallery+full moon
03/04~03/13 常設展 I:人物像への視点
会場:Kaede Gallery+full moon
02/19~02/28 My Sweet Home
会場:Kaede Gallery+full moon
01/08~01/17 特集展示 新春に日本画を愉しむII
会場:Kaede Gallery+full moon
2015年 12/05~12/19 中村一征 | 花と器物
会場:Kaede Gallery+full moon
11/20~11/29 セレクション展:モノクローム版画
会場:Kaede Gallery+full moon
11/ 1~11/14 Annual Show 2015
会場:Kaede Gallery+full moon
10/ 3~10/12 近藤達雄展 「花、女、夜ーその4」
同時開催(2階):3人展
会場:Kaede Gallery+full moon
9/12~ 9/25 好宮佐知子 展 会場:Kaede Gallery+full moon
8/28~ 9/ 6 坪井麻衣子 新作展 会場:Kaede Gallery+full moon
7/ 4~ 7/20 星 奈緒 新作展『誰かの肖像』 会場:Kaede Gallery+full moon
2014年 12/ 6~12/20 コイズミアヤ展:箱の仕事 会場:Kaede Gallery+full moon
11/15~11/29 岡谷敦魚版画展:版画集『二つの世界・デミアンについて』 会場:Kaede Gallery+full moon
11/ 1~11/ 9 たおやかな器 会場:楓画廊
10/17~10/26 弦巻理江ガラス展
同時開催:押味くみこ陶展〜ねがいぼし〜
会場:Kaede Gallery+full moon
10/ 3~12/12 モノクロームの誘惑 会場:楓画廊
9/13~ 9/27 瀧谷美香×坪井麻衣子×好宮佐知子 展 会場:Kaede Gallery+full moon
8/29~ 9/ 7 鹿嶋裕一版画 展 会場:Kaede Gallery+full moon
7/ 5~ 7/19 星 奈緒 展 会場:Kaede Gallery+full moon
6/20~ 6/29 おだやかな日々・・・展 Part 2 Kaede 器 陶器セール 会場:Kaede Gallery+full moon
6/ 6~ 6/15 おだやかな日々・・・展 Part 1 井上厚木版画の世界 会場:Kaede Gallery+full moon
5/26~ 6/ 3 木版画3人展:井上 厚×坂本恭子×長島 充 会場:楓画廊
5/16~ 5/25 マクラコウジ写真展「ERA」 会場:Kaede Gallery+full moon
5/ 1~ 5/10 常設展:春の彩り 会場:Kaede Gallery+full moon
4/19~ 4/29 小山まさえガラス絵展 会場:Kaede Gallery+full moon
4/ 4~ 4/13 コレクションへの誘い:spring sale 会場:Kaede Gallery+full moon
3/21~ 3/30 ヒラタヒロヒコ展 会場:Kaede Gallery+full moon
3/ 7~ 3/16 たおやかな器:飯碗 会場:Kaede Gallery+full moon
2/21~ 3/ 2 有元利夫×田中陽子展:静と動の人物像 会場:Kaede Gallery+full moon
1/10~ 1/19 花の彩り2014:女性作家5名による 会場:Kaede Gallery+full moon
2013年 12/ 7~12/21 長島 充展:神話と伝説 会場:Kaede Gallery+full moon
11/22~12/ 1 コレクションへの誘い:
Autumen Sale 小さな版画&小さなドローイング+アートブックセール
会場:Kaede Gallery+full moon
11/ 2~11/16 開廊13周年記念展 Artist's Books:
美術としての本
会場:Kaede Gallery+full moon
10/18~10/27 常設展:岩間 弘の彫刻+新入荷陶器 会場:楓画廊
10/ 5~10/14 近藤達雄作品展「花、女、夜-その3」 会場:Kaede Gallery+full moon
 9/14~ 9/23 風景への視点Ⅲ:坪井麻衣子新作を中心に 会場:Kaede Gallery+full moon
 6/29~ 7/13 Summer Selection 2013 会場:Kaede Gallery+full moon
 6/ 8~ 6/22 Figures by prints 会場:Kaede Gallery+full moon
 5/17~ 5/26 コレクションへの誘い:
Spring Sale 木版画セレクション+アートブックセール
会場:Kaede Gallery+full moon
 5/ 3~ 5/12 たおやかな器:お茶の時間 会場:楓画廊
 4/19~ 4/29 杉原伸子新作展 会場:Kaede Gallery+full moon
 3/22~ 3/31 鈴木宏美陶展 会場:Kaede Gallery+full moon
 3/ 9~ 3/17 コレクターの眼差し:N氏のコレクションより 会場:Kaede Gallery+full moon
 2/22~ 3/ 3 花の彩り2013:新潟の作家5名による 会場:Kaede Gallery+full moon
 1/26~ 2/11 有元利夫 版画の世界 会場:Kaede Gallery+full moon
 1/11~ 1/20 大貫真寿美新作展 会場:Kaede Gallery+full moon
会 期 展 覧 会 名 備   考
2012年 12/ 7~12/12 弦巻理江ガラス絵展 Flowers 会場:Kaede Gallery+full moon
11/23~12/ 2 たおやかな器Ⅳ:鉢と丼 会場:Kaede Gallery+full moon
11/ 3~11/18 楓画廊12周年記念 矢尾板克則×中村一征展 会場:Kaede Gallery+full moon
10/19~10/28 コレクションへの誘い:Autumn Sale 会場:楓画廊
10/ 5~10/14 好宮佐知子展 十二ヶ月 会場:Kaede Gallery+full moon
 9/14~ 9/23 柏 政光 イラスト展 会場:Kaede Gallery+full moon
 6/22~ 7/ 1 陶3人展-益子から 会場:楓画廊
 6/ 8~ 6/17 特別展 白木ゆり-奏でる線 会場:Kaede Gallery+full moon
 5/25~ 6/ 3 版画による幻想の世界 会場:楓画廊
 5/11~ 5/20 風景への視点:タブロー・ドローイングによる 会場:楓画廊
 4/21~ 4/30 小山まさえ展:私の紡ぐ物語Ⅱ-シンプルライフ 会場:Kaede Gallery+full moon
 4/ 6~ 4/15 たおやかな器Ⅲ:飯碗 会場:楓画廊
 3/16~ 3/25 長島 充展:日本の野鳥 会場:Kaede Gallery+full moon
 3/ 2~ 3/11 コレクションへの誘い:Spring Sale 会場:楓画廊
 2/10~ 2/19 セッション2012:2画廊の推薦作家による 会場:Kaede Gallery+full moon
 1/27~ 2/ 5 特集展示 涌田利之-木口木版画の小宇宙 会場:楓画廊
 1/13~ 1/22 花・華・はな3人展 '12:杉原伸子×中村一征×渡辺富栄 会場:Kaede Gallery+full moon
2011年 12/9~12/18 作田富幸展:銅版画・ボックスアート 会場:Kaede Gallery+full moon
11/25~12/6 たおやかな器Ⅱ 会場:楓画廊
11/5~11/20 特別展 人物像8の視点 会場:Kaede Gallery+full moon
10/14~10/25 コレクションへの誘い2011:Autum Sale 会場:楓画廊
10/1~10/10 近藤 達雄作品展「花、女、夜-その2」 会場:Kaede Gallery+full moon
9/16~9/25 ヤマクラコウジ写真展「発光」 会場:Kaede Gallery+full moon
9/2~9/13 銅版画の魅力展 会場:楓画廊
7/8~7/18 瀧谷美香ドローイング展 会場:Kaede Gallery+full moon
5/20~5/29 おだやかな日々・・・展 会場:楓画廊
5/6~5/15 岩間 弘 彫刻展 会場:Kaede Gallery+full moon
5/20~5/29 井上 厚 木版画展 会場:Kaede Gallery+full moon
5/6~5/15 中村 一征新作展 会場:Kaede Gallery+full moon
4/29~5/3 ドローイング 女性作家10の視点 会場:楓画廊
4/15~4/24 信田 俊郎展 会場:Kaede Gallery+full moon
3/25~4/5 田中陽子『ダンス*ダンス*ダンス』 会場:楓画廊
3/4~3/15 モノクロームの誘惑Ⅲ-長島 充『野鳥シリーズ』を中心に 会場:楓画廊
2/11~2/23 コレクションへの誘い2011:Spring Sale 会場:楓画廊
1/15~1/30 花の彩り-花・華・はな '11 会場:楓画廊
2010年 12/17~12/23 兎(うさぎ)のいる風景 会場:楓画廊
12/3~12/14 特集展示『坂本恭子 木版画の世界』 会場:楓画廊
11/12~11/23 たおやかな器 会場:楓画廊
10/15~10/26 コレクションへの誘い2010:Autumn Sale 会場:楓画廊
10/1~10/11 瀧谷美香新作展 会場:画廊 Full Moon
9/17~9/26 村木 薫彫刻展 会場:画廊 Full Moon
7/2~7/11 白木ゆり新作展 会場:画廊 Full Moon、砂丘館
6/18~6/27 渡辺富栄展-花の彩り 会場:画廊 Full Moon
6/7~6/16 特集展示『佐藤恵美 猫のいる・・・』  
5/22~6/6 小山まさえ個展  
5/7~5/16 杉原伸子新作展 会場:画廊 Full Moon
4/16~4/29 モノクロームの誘惑Ⅱ  
3/27~4/11 コレクションへの誘い2010:Spring Sale-春の光・春の彩り  
3/6~3/21 Under 30 Support Project 渡辺政光展  
2/13~2/28 大貫真寿美展-木版画集『空と密』刊行記念  
1/16~1/31 新春を彩る 花・華・はな3人展'10
杉原伸子×中村一征×渡辺富栄
 
2009年 12/4~20 特集展示『小林裕児 版画の世界』  
11/14~11/29 コレクションへの誘い2009:Autumn Sale
木版画
 
10/24~11/8 9周年記念展 ミニアチュール展 2009
-風景7の視点
 
10/3~10/18 移転記念特別展『立体的ナルモノ』  
6/22~6/28 森川 護展  
6/12~6/21 特集展示『大下百華 10年の軌跡』  
5/29~6/8 水津 燧展  
5/16~5/26 コレクターの眼差しPart 2+
ドローイングの魅力展
鶴巻貴子・東 直樹・大塩紗永・小林裕児・
佐藤恵美・白木ゆり 高橋美由紀・瀧谷美香・
皆川奈緒子・宮井里夏・宮崎文子
5/2~5/12 Box Art 8人の小宇宙 大貫真寿美・作田富幸・霜鳥健二・瀧谷美香・
北條佐江子・星野健司・水津燧・村木 薫
4/17~4/27 特集展示『動物のいる風景』 浅見陽子・井上 厚・岩間 弘・大石洋次郎・
大下百華・小林裕児・佐藤恵美・長島 充
・早川純子・涌田利之
4/3~4/13 田中陽子の世界展  
3/20~3/30 コレクターの眼差しPart 1+
コレクションへの誘い2009:Spring Sale
 
3/6~3/16 花・華・はな3人展 '09 小山まさえ×瀧谷美香×中村一征
2/20~3/2 信田俊郎展 蔵織同時開催
2/6~2/16 特集展示『白木ゆり 90年代』  
1/23~2/2 涌田利之木口木版画展  
1/9~1/19 中村一征新作展  
2008年 12/12~12/23 後藤 肇展-見捨てられた破片達の旅立ち  
11/29~12/8 高橋美由紀新作展  
11/7~11/17 8周年記念 大石洋次郎展  
10/27~11/5 8周年記念特別展『コレクションへの誘い』展  
10/17~10/26 宮井里夏展  
10/3~10/13 瀧谷美香展  
9/19~9/28 宮崎文子展  
9/5~9/15 星野健司彫刻展  
8/22~ 8/31 作田富幸展 ユトレヒト・シリーズ22点
7/13~7/21 セレクション展IV 海外の作家のリトグラフを中心に展示
7/4~7/12 小山まさえ版画展
-クロッキー帳から生まれたドライポイント-
 
6/20~ 6/29 伊藤歌夜子展 -Vitamin-  
6/6~ 6/15 猪爪彦一ガラス絵展  
5/23~ 6/1 白木ゆり展 版画&油彩画
5/9~ 5/18 ドローイング展 2008 瀧谷美香×中村一征×長谷川徹×
北條佐江子×水津燧
4/26~ 5/6 岩間 弘彫刻展  
4/11~4/20 浅見陽子展 - 動物のいる風景 -  
4/4~ 4/9 田中陽子追悼展-「ダンス」から「とわに」  
3/21~ 3/30 弦巻理江ガラス絵展  
3/7~ 3/16 井上厚木版画展  
2/22~ 3/2 北條佐江子展 - 神話のはじまり -  
2/8~ 2/17 モノクロームの誘惑:
大矢雅章×戸嶋由香×宝珠光寿 展
 
1/25~2/3 花・華・はな 3人展 '08  
1/11~1/20 大貫真寿美展  
2007年 12/14~23 版画の魅力展II:コレクションへの誘い  
12/ 1~9  高橋美由紀 展 銅版画集『イクツモノヨルニ』刊行記念
11/ 17~25  長谷川徹 展  
11/ 9~14  7周年記念 版画の魅力展I 画廊オリジナル版画集による
10/19~27  セレクション展III Part2 立体&ドローイング
10/ 6~14  セレクション展III Part1 タブローによる人物像&有元利夫銅版画
 9/22~ 30  中村一征 展 - ハナノカタチ -  
 9/ 9~ 17  堀田正彫刻展  
 8/25~ 9/ 2 釣谷 幸輝 展 - 注文の多い動物園 -  
 8/12~   19 版画ベストセレクション展 画廊移転オープン記念展
 6/ 4~    9 大下百華新作展示:ランチタイムビューイング 会場: アジアンクイジーン バカラ
 5/ 4~    9 杉原伸子展 会場: 画廊イタリア軒
 3/28~ 4/3 瀧谷美香展 新潟大和美術サロン
 3/15~   25 坂本恭子展 木版画集『moment tour-tickets』刊行記念
 2/16~ 2/25 セレクション 展 II 版画家4名による油彩画&ドローイング
 2/ 8~ 2/13 北條佐江子作品 展  
 1/ 6~ 1/16 ミニアチュール展2007
-新潟の作家による-
 
2006年 12/18~26 瀧谷美香展-edge tone-  
12/4~10 長谷川徹展  
10/13~18 高山久子銅版画展   
9/30~10/10 中村一征新作展 旧作セレクション展を同時開催(ai gallery)
9/16~24 浅見陽子展   
9/2~12 星野健司彫刻展 肖像シリーズを中心に
8/19~29 高橋美由紀展 銅版画+ドローイング
8/4~9 小山まさえ展 私の紡ぐものがたり
7/22~8/1 セレクション展Ⅰ 小林裕児・開 光市・清水美三子・白木ゆり
7/14~19 斎藤直子油絵展  
7/7~12 Under 30-期待の新人たち展vol.5 内山良子×本間 航
6/24~7/4 安部直人銅版画展 -版画集『蟠龍』刊行記念-
6/10~20 猪爪彦一新作展 『夜と音楽と』 新作油彩画
5/27~6/4 辛 愛麻展 木版画
5/13~23 古谷博子×松尾明子 展 -おだやかな日々…-
4/29~5/9 12×12のドローイング展vol.2 12名の作家によるCDジャケットサイズのドローイング展
4/15~25 今田 幸×佐藤恵美 展 -メゾチントの花とねこ-
4/1~11 『線と刻』 展 星野健司 堀田 正 奥野淑子 涌田利之





■特集展示 銅版画の詩情


 会期:2018年6月2日(土)から6月16日(土)まで 会期中6/6,13(水)休廊 *6/9(土)臨時休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon
営業時間が変則になりますのでご注意ください!
 会期中(月)(木) 11:00〜15:00
 上記以外     11:00〜17:00

当画廊では開廊当初より、版画集の刊行を随時行ってきました。
現段階で9作を刊行しています。現在、10作目も準備中です。
今回の展示では、1作目の梅田恭子詩画集『次ノ月』(2001年刊)、
9作目の岡谷敦魚版画集『二つの世界・デミアンについて』(2014年刊)
を再展示するとともに、有元利夫の銅版画作品を紹介致します。



主な展示作品

有元利夫「NOTEBOOK 1985 no.1」    有元利夫「NOTEBOOK 1985 no.1」
60×55mm
エッチング
1985年
有元利夫「NOTEBOOK 1985 no.16」    有元利夫「NOTEBOOK 1985 no.16」sold
41×50mm
エッチング
1985年
梅田恭子「糸棘」    梅田恭子「糸棘」
75×135mm
エッチング
2013年
 
版画集『二つの世界・デミアンについて』
岡谷敦魚「demian1」    岡谷敦魚「demian1」
230×175mm
銅板、リトグラフ、シルクスクリーン
2014年
岡谷敦魚「demian2」    岡谷敦魚「demian2」
230×175mm
銅板、リトグラフ、シルクスクリーン
2014年
岡谷敦魚「demian3」    岡谷敦魚「demian3」
230×175mm
銅板、リトグラフ、シルクスクリーン
2014年
岡谷敦魚「demian4」    岡谷敦魚「demian4」
230×175mm
銅板、リトグラフ、シルクスクリーン
2014年
岡谷敦魚「demian5」    岡谷敦魚「demian5」
230×175mm
銅板、リトグラフ、シルクスクリーン
2014年

▲TOPへ



■常設展II−立体の魅力


 会期:2018年5月18日(金)から5月26日(土)まで 会期中5/23(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon
 会期中営業時間が変則になりますのでご注意下さい。
 5/21(月),24(木) 11:00〜15:00
 上記以外 11:00〜17:00


ブロンズ彫刻でプリミティブな造形を生みだす岩間 弘。
箱の中や、箱の組み合わせによって小宇宙を作り出すコイズミアヤ。
木を彫りだし器や立体作品を制作する中村文治。
3人の作家の作品を、ギャラリーコレクションを中心に3つのミニ個展形式
で構成展示します。

お知らせ/ コイズミアヤの小作品(梯子、椅子のモビール)も販売します。

主な展示作品

岩間 弘「星の住処 No.1」    岩間 弘「星の住処 No.1」
h210×w320×d260mm
ブロンズ

岩間 弘「マスク」    岩間 弘「マスク」
h180×w210×d60
ブロンズ
2010年
コイズミアヤ「重なる箱_4」    コイズミアヤ「重なる箱_4」
207×240×h117mm
木(組み合わさった7つの箱)
2017年
コイズミアヤ「かぶさる箱7」    コイズミアヤ「かぶさる箱7」
105×140×h150mm
木(組み合わさった6つの箱)
2017年
中村文治「White horizon」    中村文治「White horizon」
h250×w310×d70mm
木に着彩、真鍮
2009年
中村文治「Silver horizon -bowl-」    中村文治「Silver horizon -bowl-」
h150×w220×d220mm
木に銀箔
2016年









■舟見倹二 BoxArtの世界 Part2「デザインの小宇宙」


 会期:2018年5月5日(土)から5月13日(日)まで 会期中5/9(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

舟見倹ニのボックスアートは、その制作が進むにつれ、
版画作家らしいデザイン性に富んだものになってきました。
箱の中の小宇宙が、軽やかな雰囲気を醸し出します。
Part2では「デザインの小宇宙」というテーマで18点を展示致します。

 舟見 倹ニ(ふなみ けんじ)
   1925年  新潟県上越市生まれ
   1952年  東京藝術大学美術学部工芸計画部研修生
   1953年  油彩作品発表 (〜'75)
   1978年  シルクスクリーンによる版作品発表
   1981年  主体美術協会退会
   2004年  ボックスアート作品発表
   現 在  無所属 上越市在住


主な展示作品

「歓喜の歌声を秘めて」    「歓喜の歌声を秘めて」
285×285×70mm
木、紙、アルミ、ガラス他
2006年
「廃品箱からの宝もの」    「廃品箱からの宝もの」
285×285×70mm
木、紙、アルミ、ガラス他
2011年

▲TOPへ




■舟見倹二 BoxArtの世界 Part1「記憶の集積」


 会期:2018年4月14日(土)から4月28日(土)まで 会期中4/18,25(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

油彩作品からシルクスクリーン版画、そしてボックスアートへ。
作家舟見倹二は、70余年に渡る活動に果敢に取り組んできました。
2004年、80歳を前に発表を始めたボックスアート作品。
これまでに制作された130点程の中から35点をセレクトしました。
当画廊では、2会期に分けてその足跡を辿ります。
Part1「記憶の集積」というテーマで18点を展示致します。

 舟見 倹ニ(ふなみ けんじ)
   1925年  新潟県上越市生まれ
   1952年  東京藝術大学美術学部工芸計画部研修生
   1953年  油彩作品発表 (〜'75)
   1978年  シルクスクリーンによる版作品発表
   1981年  主体美術協会退会
   2004年  ボックスアート作品発表
   現 在  無所属 上越市在住


主な展示作品

「錆の記憶にかえて」
「錆の記憶にかえて」sold
285×285×70mm
木、紙、アルミ、ガラス他
2003年
「白の文字盤」
「白の文字盤」
285×285×70mm
木、紙、アルミ、ガラス他
2003年
「隠された名刺」
「隠された名刺」
285×285×70mm
木、紙、アルミ、ガラス他
2005年
「捧げられしもの 3.11福島によせて」
「捧げられしもの 3.11福島によせて」
285×285×70mm
木、紙、アルミ、ガラス他
2012年

▲TOPへ



■My Sweet Home III−日常の器  押味くみこ×後藤奈々×鈴木宏美


 会期:2018年3月17日(土)〜3月31日(土)まで 会期中 3/21.28(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


My Sweet Home 第3回展は、「日常の器」がテーマです。
新潟市内で作陶する押味くみこと後藤奈々
栃木県益子で作陶する鈴木宏美による3人展です。
それぞれ作家が1室ずつを使ったミニ個展形式での展示です。
それぞれ50〜60点を展示販売致します。

主な展示作品

押味くみこ 作品    押味くみこ
1976年 新潟市生まれ
2001年 東北工科大学大学院芸術工学研究科修了
現 在 新潟市秋葉区在住 元祖新津焼6代目
後藤奈々 作品    後藤奈々
1982年 新潟市生まれ
2005年 京都府立陶工高等技術専門学校成形科修了
現 在 新潟市西蒲区在住
鈴木宏美 作品    鈴木宏美
1980年 東京生まれ
2006年 笠間窯業指導所成形1科修了
現 在 栃木県益子町在住






■岩橋竜治展−生活の視線


 会期:2018年3月2日(金)から3月11日(日)まで 会期中3/7(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

昨春、長岡造形大学大学院を修了した岩橋竜治さんの当画廊初個展です。
学部在学中から人や生活の気配をテーマに描いてきました。
その画面構成は、具象的な室内風景や人物像から
植物的な要素を配した浮遊感のある抽象的なものに変わりつつあります。
今展では、「生活の視線」とタイトルした新作17点を展示します。

 岩橋 竜治(いわはし りょうじ)
   1990年  新潟市生まれ
   2012年  長岡造形大学視覚デザイン学科ビジュアルアートコース卒業
   2015年  個展−overflow− (豊栄地区公民館ギャラリー・新潟市北区)
     個展 (Shonandai MY Gallery・東京)
   2017年  グループ展『わたしの琳派』(Kaede Gallery+full moon)
     長岡造形大学大学院美術・工芸領域絵画専攻修了
   現 在  無所属 新潟市東区在住


主な展示作品

岩橋竜治「生活の視線1」
「生活の視線1」
F30
油彩、キャンバス
2017年
岩橋竜治「生活の視線2」
「生活の視線2」
91.0×72.7㎝
油彩、キャンバス
2017年
岩橋竜治「生活の視線3」
「生活の視線3」
45.5×38.0㎝
油彩、キャンバス
2017年
岩橋竜治「生活の視線4」
「生活の視線4」
41×31.8㎝
油彩、キャンバス
2017年
岩橋竜治「生活の視線5」
「生活の視線5」
41×31.8㎝
油彩、キャンバス
2017年

▲TOPへ




■特集展示 夜を描く絵画


 会期:2018年1月12日(金)から1月21日(日)まで 会期中 1/17(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

夜をテーマに描かれた作品を特集展示します。
ギャラリーコレクションを中心に、
油彩画、日本画、ドローイング、版画など13点での展観です。



主な展示作品

坪井麻衣子「夜の8号線」
坪井麻衣子「夜の8号線」
803×1167mm
油彩、キャンバス
2017年
杉原伸子「夜の音楽」
杉原伸子「夜の音楽」
300×300mm
綿布、岩絵の具
2013年
宮崎文子「夜のパーティ会場へ」
宮崎文子「夜のパーティ会場へ」
255×190mm
パステル、紙他
2008年
好宮佐知子「東欧の夜(12月)」
好宮佐知子「東欧の夜(12月)」
径195mm
フレスコ
2013年
井上 厚「風のない夜」
井上 厚「風のない夜」
210×150mm
木版画
2014年
鹿嶋裕一「団地」
鹿嶋裕一「団地」
150×220mm
木版画
2014年

▲TOPへ




■For Christmas2017 佐藤裕美×弦巻理江×星野貴代


 会期:2017年12月8日(金)から12月17日(日)まで 会期中12/13(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

昨年から開催し始めたクリスマス展を今年もお届けします。
あまりクリスマスぽくない摩訶不思議な展示ですが…。
昨年に引き続き佐藤裕美さんの漆蒔絵の小物、
版画家弦巻理江さんによるレンコン画、
陶芸家星野貴代さんによるドローイングが並びます。



主な展示作品

佐藤裕美 漆蒔絵
佐藤裕美 漆蒔絵
佐藤裕美 漆蒔絵
佐藤裕美 漆蒔絵
 
 
 
弦巻理江作品 れんこん画
 れんこんは、穴があいているので見通しが良い。
 縁起の良い食材で、私は年賀状にいつも干支を
 デザインしています。(弦巻・記)
れんこんMAN「バレリーナ」
れんこんMAN「バレリーナ」sold
145×100mm
絵具、紙
2017年
れんこんMAN「セクシー」
れんこんMAN「セクシー」
145×100mm
絵具、紙
2017年
「兄、妹」
「兄、妹」
145×100mm
絵具、紙
2017年
「はなしあい」
「はなしあい」
100×145mm
絵具、紙
2017年
「2017ケンカ」
「2017ケンカ」
100×145mm
絵具、紙
2017年
 
 
 
星野貴代ドローイング
「クリスマスの空は」
「クリスマスの空は」
145×100mm
絵具、紙
2017年
「雲の上にクリスマス」
「雲の上にクリスマス」
145×100mm
絵具、紙
2017年
「クリスマスの夜空には」
「クリスマスの夜空には」sold
145×100mm
絵具、紙
2017年
「聖夜の欠片」
「聖夜の欠片」
145×100mm
絵具、紙
2017年
「ヤドリギの下で」
「ヤドリギの下で」
145×100mm
絵具、紙
2017年

▲TOPへ



■田代倫章 陶展


 会期:2017年11月24日(金)~12月3日(日)まで 会期中11/29(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


栃木県益子で作陶する田代倫章さんの当画廊初個展を開催します。
田代さんの器は、5年程前から常設展示で紹介してきました。
そのフォルムや釉が醸し出す雰囲気がとても現代的で人気があります。
今回は、日常使いの器100点程を展示販売します。

田代倫章(たしろ としふみ)
1979年 宮崎に生まれる
2002年 奈良芸術短期大学陶芸専攻科卒業
 益子にて今成誠一氏に師事
2007年 益子(大郷戸)にて独立
現 在 栃木県益子町在住

主な展示作品

田代倫章 窯変片口鉢    窯変片口鉢
w270×d233×h92mm

田代倫章 樫灰釉プレート    樫灰釉プレート
径270×h13mm

田代倫章 樫灰手付カップ    樫灰手付カップ
w112×d87×h82mm






■コイズミアヤ展「かさなりとかたまり」


 会期:2017年11月4日(土)から11月18日(土)まで 会期中 11/8,15(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

昨年から展開する「重なる箱」。
それぞれの役割を果たすパーツとしての箱が内側に複雑に絡み合い、
1つのシンプルな造形物(箱)を生み出す。
パーツとしての箱が外側に増幅していくのが「かぶさる箱」。
「かさなりとかたまり」というテーマで10点程を展示します。

展示に寄せて
 箱を主なテーマに制作しています。自分や人やこの世界の成り立ちへの興味から、物語や信仰、
神話、ユング心理学などを入口に、内側に向かって知ろうとすることが箱のかたちを用いた作品
につながっています。
 制作を続ける中で、箱には内も外もあり、その関係は入れ替わり変容すると実感できるように
なってきました。そして今は、神様や運命といった形而上学的なものこそが、箱の「板の厚さ」
という具体的な物事に集約されているように感じます。箱を組み立てたり、重ねたり、かぶせた
りすることは一見脇役に思える「板の厚さ」に事の主導権を握られています。そこでは計算や計
画でわかりきった結果が持っているだけのようにかかわらず、実際のかたちはイメージしきれな
い要素をもっていて、シンプルなのに把握しきれない不思議な経験をします。
 かたちに背景や含蓄を持たず、ただただそれを注意深く、そして自然に見ることについて、理
解したり把握することの難しさや可能性について、目を向け続けていたいと思っています。
(コイズミアヤ・記)

 コイズミアヤ
   1971年  東京生まれ
   1994年  武蔵野美術大学卒業
   現 在  無所属 新潟県長岡市在住(2009年~)
 パブリックコレクション:オペラシティアートギャラリー寺田コレクション(東京)
新潟県立近代美術館、万代島美術館


主な展示作品

コイズミアヤ「重なる箱_3」
「重なる箱_3」
307×326×h138mm
木(組み合わさった17個の箱)
2017年
コイズミアヤ「重なる箱_4」
「重なる箱_4」
207×240×h117mm
木(組み合わさった7個の箱)
2017年
コイズミアヤ「the inside to the inside」
「the inside to the inside」sold
120×174×h102mm
木(組み合わさった13個の箱)
2017年
コイズミアヤ「かぶさる箱 1」
「かぶさる箱 1」
66×107×h109mm
木(組み合わさった4つの箱)
2017年
コイズミアヤ「かぶさる箱 2」
「かぶさる箱 2」
98×108×h118mm
木(組み合わさった6つの箱)
2017年
コイズミアヤ「かぶさる箱 4」
「かぶさる箱 4」sold
106×118×h155mm
木(組み合わさった7つの箱)
2017年

▲TOPへ


■ギャラリーコレクション 展


 会期:2017年10月22日(日)から10月30日(月)まで 会期中10/25(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


 この1年程の期間でコレクションした当画廊の取り扱い作家の絵画や立体作品20点程を
展示致します。

主な展示作品

坪井麻衣子 「瞼の裏」    坪井麻衣子 「瞼の裏」

油彩、キャンバス
S10(530×530mm) / 2017年
坪井麻衣子 「視る」    坪井麻衣子 「視る」

油彩、キャンバス
S6(410×410mm) / 2017年
星 奈緒 「白い音楽」    星 奈緒 「白い音楽」

パステル、水彩、紙、パネル
F12(606×500mm) / 2017年
星 奈緒 「密度と空白」    星 奈緒 「密度と空白」

パステル、紙、パネル
F4(334×243mm) / 2015年
好宮佐知子 「見上げた空(12月)」    好宮佐知子 「見上げた空(12月)」

鉛筆、ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
242×333mm / 2016年
好宮佐知子 「庭 - 2(3月)」    好宮佐知子 「庭 - 2(3月)」

鉛筆、ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
270×200mm / 2015年
中村文治 「Silver horizon - bowl -」    中村文治 「Silver horizon - bowl -」

木に銀箔
h150×w220×d220mm / 2016年
中村文治 「White horizon」    中村文治 「White horizon」

木に着彩、真鍮
h250×w310×d70mm / 2009年
星野貴代 「格子のカタチ1」    星野貴代 「格子のカタチ1」

陶(壁かけ)
h440×w150×d40mm / 2017年
星野貴代 「格子のカタチ2」    星野貴代 「格子のカタチ2」

陶(壁かけ)
h240×w120×d30mm / 2017年





■近藤達雄展 「花、女、夜 その5」


 会期:2017年10月6日(金)から10月15日(日)まで 会期中10/11(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


 「花、女、夜」をテーマにした2年に一度の近藤さんの個展も今回で5回目です。絵画
の他、立体作品も展示します。
 ゲスト作家として荒井謙太郎さんの作品を2階に展示します。

近藤達雄展「花、女、夜 その5」  近藤達雄展

 「花、女、夜 その5」



■ヒラタヒロヒコ 展


 会期:2017年9月16日(土)から9月30日(土)まで 会期中9/20,27(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


 今回の個展は「海・砂浜」がキーワードです。少年時代から現在に至るまで、ヒラタさ
んにとって海は身近かな存在です。記憶や今の思いを立体、映像や写真といった形で表現
します。


 ヒラタヒロヒコ
     
   1967年  新潟市生まれ
   1994年  新潟大学大学院美術教育修了
   現 在  無所属 新潟市在住
     

主な展示作品

(インスタレーションにつき、作品販売はありません)
「サ(ウ)ンドバッグ」 「サ(ウ)ンドバッグ」
たたくと ? の音が…
「(まるで海岸と一体になれるかのような)砂スーツ] 「(まるで海岸と一体になれるかのような)砂スーツ]
これを着て砂浜を走りまわる男女の映像も…
「青山海岸海水浴場」 「青山海岸海水浴場」
写真(サイアノタイプ)



■坪井麻衣子展


 会期:2017年8月27日(日)から9月10日(日)まで 会期中8/30,9/6(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


 生まれ育った新潟の地、その原風景と身近
かな心象風景を詩的イメージで描き出します。
坪井麻衣子さんの2年ぶりの新作個展です。
油彩画15点を展示致します。


 坪井麻衣子(つぼいまいこ)
     
   1979年  新潟生まれ
   2005年  日本大学芸術学部美術科絵画コース絵画専攻卒業
   2007年  東京芸術大学大学院美術研究科芸術学専攻美術教育分野修了
   現 在  東京在住 日本大学芸術学部 美術学科助教
     

主な展示作品

「夜の8号線」 「夜の8号線」
油彩、キャンバス
803×1167mm (P50)
2017年
「夏前、春」 「夏前、春」 sold
油彩、キャンバス
455×406mm (P12)
2017年
「瞼の裏」 「瞼の裏」
油彩、キャンバス
530×530mm
2017年
「うたたね」 「うたたね」
油彩、キャンバス
500×606mm (F12)
2017年
「視る」 「視る」
油彩、キャンバス
410×410mm
2017年
「3匹」 「3匹」
油彩、キャンバス
455×455mm
2017年



■特集展示「猫のいる・・・」


 会期:2017年7月7日(金)から7月17日(月・祝)まで 会期中7/12(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


小山まさえ「すやすや」
小山まさえ「すやすや」SM 2017年
アクリル、オイルパステル、キャンバス
 世の中は空前の猫ブーム。美術館や
博物館も企画展を組む程です。
 当画廊でもこれまで、猫をモチーフにした
作品を少なからず展示してきました。その中から
ギャラリーコレクションになった版画、ドローイング
10数点に、押味くみこの新作陶立体と小山
まさえの新作パステル画を加えての特集展示
です。

◇ 小山まさえ 新作パステル画
 
「今日のはじまり」   「ジャンプ」
 
「今日のはじまり」260×160mm
アクリル、オイルパステル、紙
   「ジャンプ」195×285mm
アクリル、オイルパステル、紙
 
「ミーティング」   「3匹のねこ」
 
「ミーティング」215×305mm
アクリル、オイルパステル、紙
   「3匹のねこ」 290×210mm
アクリル、オイルパステル、紙




◇ 押味くみこ 新作 陶立体
 
「今日のはじまり」    
 
押味くみこ「まねきねこ(白)(赤)」
陶 各130×70×70mm
    







■ 好宮 佐知子 展


 会期:2017年6月17日(土)から7月1日(土)まで 会期中6/21,28(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


好宮佐知子「風(6月)」
好宮佐知子「風(6月)」910×727mm
水彩ガッシュ・白亜地・寒冷紗・パネル
2015年
 2年ぶりの新作個展を開催致します。
好宮さんは、自分の生活に寄り添った身近な題材を
季節ごとの光とその空気感を通して、フレスコ画の手法で
巧みに描き出します。
 今回の個展では、そのフレスコ画とともに、ドロー
イングも多数ご覧いただく予定です。

「シャーベット池(1月)」   「庭へ(5月)」
 
「シャーベット池(1月)」 sold
水彩ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
242×333mm 2017年
   「庭へ(5月)」 sold
水彩ガッシュ、紙
180×115mm 2017年
 
「夕陽(4月)」   「絵本の世界(1月)」
 
「夕陽(4月)」フレスコ
径 115mm 2017年
   「絵本の世界(1月)」 フレスコ
径 70mm 2016


 好宮 佐知子 (よしみや さちこ)
     
   1977年  東京生まれ
   2006年  東京芸術大学 大学院 美術研究科 博士後期課程美術専攻(壁画)修了
   2017年~  東京芸術大学 非常勤講師
   現 在  無所属 静岡県 三島市在住
     


■ 星奈緒「空想のカーテン」


 会期:2017年5月13日(土)から5月27日(土)まで 会期中5/17,24(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


「光の気配I」
「光の気配I」 パステル,水彩,紙
400×800mm 2017年
 2年ぶりの新作個展を開催致します。
 今回は、1人のモデルを様々な視点から描いた人物画を中
心に、植物を題材にした静物画と併せ15点程での展観です。
 更に進化した星 奈緒さんの世界をお楽しみいただきたい
と願っています。


「光の気配II」   「白い音楽」
 
「光の気配II」パステル,水彩,紙
400×800mm 2017年
   「白い音楽」パステル,水彩,紙
F12(500×606mm) 2017年
 
 
「標本小箱(いいにおい)」   「標本小箱(まるい実)」   「着地のあと」
 
「標本小箱(いいにおい)」
パステル,鉛筆,紙
100×80mm 2017年
   「標本小箱(まるい実)」
パステル,鉛筆,紙
100×80mm 2017年
   「着地のあと」パステル,水彩,紙
A3(420×590mm) 2016年

 星 奈緒 (ほし なお)
     
   1989年  新潟県魚沼市生まれ
   2012年  長岡造形大学視覚デザイン学科卒業
     在学中に新潟県美術展覧会洋画部門で県展賞を受賞
   2014年  個展(楓画廊)以後 '15
   現 在  無所属 埼玉県在住
     






■ 星野貴代 陶展


 会期:2017年4月15日(土)~4月29日(土)まで 会期中4/19(水),26(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


「格子のカタチ 1」陶
「格子のカタチ 1」
440×150×40mm 2017年
 昨年に続き、当画廊での2回目の個展を開催します。
 今回の中心テーマは立体物です。「格子のカタチ」のシリ
ーズなどの陶立体を中心に、新作の器と併せて100点程を
展示致します。


「格子のカタチ 2」 陶   「格子のカタチ 3」 陶
 
「格子のカタチ 2」 陶
240×120×30mm 2017年
   「格子のカタチ 3」 陶
径200×35mm 2017年
 
 
「線象嵌変形皿」 陶   「双子の鉢」 陶
 
「線象嵌変形皿」 陶
径235×40mm 2017年
   「双子の鉢」 陶 sold
300×75×65mm 2017年

 星野 貴代 (ほしの たかよ)
     
   1974年  新潟市生まれ
   1999年  佐藤公平氏に師事
   2001年  新潟市西蒲区(旧中之口村)に開窯
   現 在  無所属 新潟市西区在住





■ My Sweet Home II:コイズミアヤ×中村文治×矢尾板克則


 会期:2017年3月11日(土)から3月25日(土)まで 会期中3/15.22(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


コイズミアヤ「重なる箱_3」木
コイズミアヤ「重なる箱_3」木
307×326×138mm   2017年
 My Sweet Home-家に帰って眺めてほっとする作品を届け
たい。そんな気持ちで名づけた展覧会です。
 今年の第2回展は立体をテーマにしました。コイズミアヤ
さんには、「重なる箱」シリーズの新作とドローイング、写真
を、中村文治さんには「Black boundary」などの壁掛けとオブジ
ェを、矢尾板克則さんには陶立体の「小屋」シリーズを出品した
だきます。



矢尾板克則 「ハリボテ」   矢尾板克則 「小屋」
矢尾板克則 「ハリボテ」 
130×295×110mm  2016年
   矢尾板克則 「小屋」
130×305×110mm  2016年
 
 
中村文治「Black boundary」   中村文治「White horizon」
中村文治「Black boundary」木に着彩、洋金箔
317×205×40mm  2014年
   中村文治「White horizon」木に着彩、真鍮
250×310×70mm  2009年






■ 版画セレクション展:井上 厚 木版画の世界


 会期:2017年2月24日(金)から3月5日(日)まで 会期中3/1(水),2(木)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


井上 厚「LIFE WITH A DOG(5)」
井上 厚「LIFE WITH A DOG(5)」
木版画 200×200mm 2011年
 春が近づいてくると、観たくなる版画があります。それが
井上 厚さんの木版画です。柔らかな空気感に包まれた、穏や
かな色調で仕上げられた世界は、気持ちを和ませてくれます。
 今回は、2010年以降制作の「LIFE WITH A DOG」シリーズか
ら近作まで15点を展示致します。


井上 厚「遠い日々・・・(1)」   井上 厚「古いソファー」   井上 厚「Bird」
 
「遠い日々・・・(1)」木版画
160×190mm  2015年
   「古いソファー」  木版画
210×150mm  2015年
   「Bird」     木版画
210×150mm  2012年
 
 
井上 厚「静かな夜に」 木版画   井上 厚「風のない夜」   井上 厚「ラップランドの夜」
 
「静かな夜に」   木版画
210×150mm   2013年
   「風のない夜」   木版画
210×150mm   2014年
   「ラップランドの夜」 木版画
210×150mm   2011年
 
 
 

 井上 厚(いのうえ あつし)
     
   1962年  東京生まれ
   1988年  東京藝術大学大学院版画専攻修了
   2003年  個展(楓画廊)以後 '08,'11
   現 在  無所属 東京都青梅市在住


■ 特集展示 わたしの琳派


 会期:2017年1月8日(日)から1月17日(火)まで 会期中1/11(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


出品作家
 岩橋竜治(油彩)×岡谷敦魚(版画)×高橋洋子(板絵)×中村一征(日本画)×芳賀美井(写真)×星野貴代(陶)

中村一征「Untitled 16-R」
中村一征「Untitled 16-R」 sold
膠彩、金属箔、和紙
273×220mm 2016年
 一昨年、琳派400年を迎え、今年あたりまで琳派をテーマに
した展覧会が各地で開催されています。
 当画廊では、新潟で活動する作家6名による琳派的な表現を
テーマにした特集展示を、2017年スタートの展覧会として開催
します。新春に彩りをそえられる展覧会になればと願っています。


高橋洋子 「月舟」   芳賀美井 「京都岡重(雉図)」   星野貴代 「線象嵌文黒茶碗」
 
高橋洋子 「月舟」 sold
アクリル、洋金箔、鉛板、板
320×180mm 2014年
   芳賀美井 「京都岡重(雉図)」 sold
写真 210×297mm 2015年
   星野貴代 「線象嵌文黒茶碗」
陶 高80mm×径100mm 2016年
 
 
 
岡谷敦魚 「MAP1」   岩橋竜治「日々の間」
 
岡谷敦魚 「MAP1」
銅版画、シルクスクリーン
350×510mm 2015年
   岩橋竜治「日々の間」
油彩、キャンバス
410×318mm 2016年
 
 
 









■ For Christmas 2016:押味くみこ×小山まさえ×佐藤裕美


 会期:2016年12月2日(金)から12月11日(日)まで 会期中12/7(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


小山まさえ 「母」
小山まさえ 「母」
紙粘土 2016年
 今年から12月は、クリスマス3人展を開催します。メ
ンバーを入れ替えながら、毎年この時季に開催する予定
です。
 第1回展は、画家小山まさえさんによる立体とガラス絵、
陶芸家押味くみこさんによる器や小物、漆芸家佐藤裕美さん
による漆蒔絵の器とアクセサリーを展示販売致します。
 画廊の3室をそれぞれ1室ずつ使用する3つの個展形式
での展示となります。今年最後の展覧会です。是非お越し
下さい。


押味くみこ  陶   佐藤裕美 漆蒔絵の器、アクセサリー
 
押味くみこ  陶
   佐藤裕美 漆蒔絵の器、アクセサリー
 
 
 








■ 常設展V:コイズミアヤの世界


 会期:2016年11月18日(金)から11月27日(日)まで 会期中11/23(水),24(木)休廊
   *会期中営業時間 11:00~17:00
 会場:Kaede Gallery+full moon


コイズミアヤ「行き方について」
「行き方について」(内部画像)
木 w400×d400×h346mm 2005年
 空間造形をテーマに活動するコイズミアヤの世界を、当画廊
のコレクション8点で展観します。1998年発表作の「未知の信仰
のための空の器ーmeditation(瞑想)」から2016年の最新作「うつし
えーかめのこ」までを展示し、その活動の変遷を辿ります。



コイズミアヤ
1971年 東京生まれ
1994年 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業
現 在 無所属 新潟県長岡市在住
 
<これまでの当画廊での展示>
2003年 グループ展「箱もの7人展」
2012年 同「セッション2012:2画廊の推薦作家による」
2013年 同「美術としての本」
2014年 個展「箱の仕事」
コイズミアヤ作品集「1994ー2014の仕事」
コイズミアヤ作品集「1994ー2014の仕事」
*作家サイン入り        ¥1,000(税込)






■ 特集展示 絵と日々の道具


 会期:2016年11月4日(金)から11月13日(日)まで 会期中11/9(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


横山 博「野草」
横山 博「野草」SM
油彩、キャンバス 2001年
 新入荷の道具類に油彩画を併せた特集展示を開催します。
新入荷の主な道具類は、黄瀬戸のコーヒーカップ、内側に
朱の漆が施された神代杉鉢や漆器の数々です。どれも日々
の暮らしの中で、ひと時の潤いを与えてくれる品々です。
 壁には、ここで紹介している油彩画6点を展示致します。
絵とオブジェ的な道具類が醸し出す雰囲気を楽しみに、画
廊へ足を運んでみて下さい。


横山 博「無題」30.0×30.0cm   横山 博「無題」30.0×30.0cm
 
横山 博「無題」30.0×30.0cm
油彩、ボード            2006年
   横山 博「無題」30.0×30.0cm
油彩、ボード            2005年
 
 
 
信田俊郎「光の場所2016-3」   信田俊郎「光の場所2016-7」
 
信田俊郎「光の場所2016-3」 F6
油彩、キャンバス            2016年
   信田俊郎「光の場所2016-7」 F4
油彩、キャンバス            2016年
 
 
 
長谷川 徹「Works 2004」  
 
長谷川 徹「Works 2004」 F4
テンペラ、油彩、キャンバス 2004年
  






■ 版画コレクション展:Prints of Young Artists


 会期:2016年10月21日(金)から10月30日(日)まで 会期中10/26(水)27(木)休廊
   *会期中営業時間 11:00~17:00
 会場:Kaede Gallery+full moon


内山良子「みはるかす」
内山良子「みはるかす」
木版画 39.0×33.0cm
 この展覧会が終わると、当画廊も開廊満16周年を迎えます。
 開廊当初は、「版表現」の紹介を中心テーマに据え運営していま
した。その一貫として、若手作家を紹介する「Under 30−期待の
新人たち−展」を2001年から2006年まで、計5回開催しました。
また、若手作家の個展を随時開催してきました。
 今回の展示では、その際に紹介した作品を初め、現在30代に
なった作家たちの版画作品15点程を展示致します。



奥野淑子「天体観測」   鹿嶋裕一「関屋分水」
奥野淑子「天体観測」
木口木版画 10.0×30.0cm
   鹿嶋裕一「関屋分水」
木版画 30.0×44.5cm


■ 中村文治×渡辺政光展


 会期:2016年10月1日(土)から10月15日(土)まで 会期中10/5,12(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


リーフレット表紙
リーフレット表紙
 「reflection」例えば、春の穏やかな陽が室内に織り成す光と影。
冬の日、凍った水面に映る冬景色。油彩画家が絵具を塗り削り
出す作業を重ねるように、自分の作品を追い求め真摯にシルク
スクリーンという版に向かう抽象画家渡辺政光。
 木からモダンなフォルムが削り出され、シンプルな器になる。
クラックの入れ方やフォルムの立ち上げ方から中村文治の繊細
な美意識が痛い程伝わってくる。その器が、彩色や箔の使用で
和との融合を始め、陶器的な肌合いを醸し出し始めた。
 かつて新潟市中央区本町にあった 小さな小さなギャラリー
で、二人の学生時代の作品を拝見してから十数年。二人とも着
実に作家としての道を歩んで来ました。そんな同年代の二人と
私との邂逅の展覧会です。


中村文治作品

中村文治「White horizon -silver line  bowl-」   中村文治「Gold horizon -bowl-」
 
「White horizon -silver line bowl-」
h18 × w22 × d21.5 (cm)
木に着彩、銀箔 2016年作
   「Gold horizon -bowl-」
h18.5 × w21.5 × d21.5 (cm)
木に洋金箔(真鍮) 2016年作
 
中村文治「Silver horizon -white dot  bowl-」   中村文治「Kleshas horizon」
 
「Silver horizon -white dot bowl-」
h17 × w38 × d35.5 (cm)
木に着彩、銀箔 2016年作
   「Kleshas horizon」
h 4.5 × w 4.5 × d 4.5(cm)
木に着彩、箔、磁石 2016年作
 

渡辺政光作品

渡辺政光「reflection No.03」   渡辺政光「reflection No.02-b」
 
「reflection No.03」
シルクスクリーン、水晶末
15.0×20.5cm
   「reflection No.02-b」
シルクスクリーン、水晶末
15.0×20.5cm
 
渡辺政光「reflection No.2」  
 
「reflection No.2」
シルクスクリーン、水晶末
15.0×20.5cm
    
 



 中村文治(なかむら ふみはる)
   1980年  新潟県生まれ
   2006年  大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修了
   2010年  個展(arton art gallery・京都)'11,'14,'16も
   2015年  個展(山木美術・大阪)
      個展(新潟絵屋・新潟)
   現 在  無所属 新潟市西蒲区在住
 渡辺政光(わたなべ まさみつ)
   1980年  新潟県生まれ
   2005年  第79回国展版画部門「新人賞」
   2007年  東京造形大学大学院版画専攻修了
   2010年  個展(楓画廊)
   2015年~  新潟大学教育学部芸術環境科非常勤講師
   現 在  無所属 新潟市東区在住


■ 信田俊郎 新作展


 会期:2016年9月10日(土)から24日(土)まで 会期中9/14,21(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


信田俊郎「光の場所2016-4」
「光の場所2016-4」
油彩、キャンバス F12
 今回は、3号から6号程度の小品が展覧会の中心となります。
5月の初めにアトリエを訪ねた時、その小品たちと格闘中でし
た。大作のように画面上の広がりを求めても上手くいかないよ
うで、小品なりの取り組み方に苦悩の色が見えました。
 8月末に届いたその小品たちは、それぞれが個性を放ち、躍
動感あふれた作品に仕上がっていました。
 30号2点、12号1点を加えた15点での展観です。5年ぶり
3度目の当画廊での個展、新たな信田さんの絵画世界をご覧い
ただければと願っています。

光の場所2016-7   光の場所2016-8   光の場所2016-9
 
「光の場所2016-7」
油彩、キャンバス F4
   sold「光の場所2016-8」
油彩、キャンバス F4
   sold「光の場所2016-9」
油彩、キャンバス F4
 
光の場所2016-12   光の場所2016-13   光の場所2016-14
 
「光の場所2016-12」
油彩、キャンバス F3
   「光の場所2016-13」
油彩、キャンバス F3
   sold「光の場所2016-14」
油彩、キャンバス F3
 



信田俊郎 (しだ としろう)
   1953年  新潟県佐渡市(旧赤泊村)生まれ
   1978年  新潟大学教育学部美術科卒業
   1979年  個展 (アトリエ我廊・新潟)
     以降 個展、グループ展多数
   2004年  「新潟の美術2004 新潟の作家100人」(新潟県立万代島美術館) '06も
   2009年  個展 (楓画廊) '11も
   2011年  「新潟の画家たち」 (新潟県立万代島美術館)
   現 在  無所属 新潟市西蒲区在住






■ Summer Selection 2016


 会期:2016年6月24日(金)から7月17日(日)まで
 *営業日について⇒会期中 金、土、日曜日のみ営業
 会場:Kaede Gallery+full moon


釣谷幸輝「鏡」
釣谷幸輝「鏡」
アクリル、ボード、F4
 今回のセレクション展では、当画廊の取り扱い作家佐藤恵美
の銅版画とドローイング、坂本恭子の木版画、高橋美由紀の銅
版画を中心に紹介致します。いずれも旧作で、20点程を展示致
します。







■ 押味くみこ陶展−満ちる月


 会期:2016年6月3日(金)から6月12日(日)まで 会期中6/8(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


押味くみこ『ほほえむ月の女神』
ほほえむ月の女神
直径28cm×高さ4cm
 東北芸術工科大学で陶芸を学んだ押味くみこさんは、立体
作品から日常使いの器まで幅広く作品展開をしています。大き
な特徴は、そのファンタジックな絵付けにあります。
 今回は、月(moon)をメインモチーフに、ご覧いただく皆様
に小さな幸せがお届け出来ればと願っています。器を中心に
100点程を展示販売致します。

月夜の物語   月夜の物語 カップ   夜に育つ花
 
月夜の物語
直径21cm×高さ4cm
   月夜の物語 カップ
直径8cm×高さ7cm
   夜に育つ花
大皿 直径25cm×高さ4cm
小皿 直径14cm×高さ2.5cm
 
鳥の箸置き   リスのふた物    
 
鳥の箸置き
幅5.5cm×高さ2.5cm
   リスのふた物
直径10cm×高さ12cm
    
 



押味くみこ (おしみ くみこ)
   1976年  新潟市生まれ
   1999年  東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 工芸コース 陶芸専攻 修了
   2001年  東北芸術工科大学 大学院 芸術工学研究科修了
     西潟制陶所内に萌もえぎ陶房設立
   2004年  個展 come over here! (新潟絵屋)
   2005年  個展 りっくりっくあるく(画廊full moon)
   2013年  個展 うごきだすとき(M-studio)
   2014年  個展 ねがいぼし(Kaede Gallery+full moon)
   2015年  個展 ふたのある器展(ニカイギャラリー)
   現在  無所属 新潟市在住
     


■ 常設展III:たおやかな器 (漆器)


 会期:2016年5月6日(金)から5月15日(日)まで 会期中 営業時間11:00〜17:00 / 5/9(月)~5/12(木)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


常設展III:たおやかな器 (漆器)
 数年前から画廊の2階『Kaede 器』の常設展示で古い漆器
を紹介しています。
 今回は、新入荷品を中心に50点程の日常使いの漆器を展示
販売致します。壁には、器を描いた中村一征の日本画数点を掛
けてみたいと思います。






■ 星野 貴代 陶展


 会期:2016年4月16日(土)から4月30日(土)まで 会期中4/20,27(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


星野貴代陶展
陶板にクレヨン
 手びねりと上絵でオブジェ的な器を紡ぎ出す星野貴代の
当画廊初個展を開催します。
 今回のメインは、手びねりで仕上げた様々な形の陶板の
上に、クレヨンなどの素材で直接にドローイングを試みた
壁掛け作品です。併せて、透明ガラスとの組み合わせによ
る器など100点程を展示致します。

星野貴代 作品   星野貴代 作品   星野貴代 作品
 
星野貴代 作品    



星野貴代 (ほしの たかよ)
   1974年  新潟市生まれ
     大学卒業後、佐藤公平氏に師事
     個展は、ギャラリー栞(新発田市) ギャルリー炎舎(新潟市) ギャラリーゆうむ(新潟市)
     シロネプレッソ(新潟市)など
   現 在  無所属 新潟市在住


■ 常設展 II:春の彩り


 会期:2016年4月1日(金)から4月10日(日)まで 会期中4/4(月)~4/7(木)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


杉原伸子「ひかりのはこ」
杉原伸子「ひかりのはこ」
岩絵具、和紙 42.0×53.0cm
 「春の彩り」と題し、油彩画、日本画、版画によるコレクシ
ョン展を開催します。初春のひかりや桜など花を描いた作品
を中心に12点程を展示致します。
 会期中は、新潟の桜も開花し見頃になる時季です。お花見
がてら画廊にも足を運んでいただき、ほのぼのとした世界を
お楽しみいただければと思います。






■ 小山まさえ 展


 会期:2016年3月18日(金)から3月27日(日)まで 会期中3/23(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


小山まさえ「チェロ弾きとねこ」
「チェロ弾きとねこ」
アクリル、コラージュ、紙 SM
 穏やかな日々と小さな幸せの積み重ね、平和に暮らせる
ことを作家小山まさえさんは切に願っています。
 日々の生活の中で見かけた「風景」をファンタジックに、
「音楽」のある風景を様々な手法を用いてカラフルに仕上げ
ました。20号から小品まで14点の新作による展観です。

小山まさえ「ピアノコンサート」   小山まさえ「教会のオルガン」   小山まさえ「もりの風」   小山まさえ「はるの海」
「ピアノコンサート」
SM(アクリル・オイルパステル・
スクラッチ・キャンバス)
   「教会のオルガン」
SM(アクリル・コラージュ
・キャンバス)
   「もりの風」
F8(アクリル・オイルパステル・紙)
   「はるの海」
F8(オイルパステル・紙)
  
小山まさえ「れもん月」   小山まさえ「3階の窓から」   小山まさえ「夕焼けのまち」   小山まさえ「宇宙エレベーター」
「れもん月」
15×10.5cm(ガラス絵)
   「3階の窓から」
F20(アクリル・キャンバス)
   「夕焼けのまち」
F20 アクリル・キャンバス)
   「宇宙エレベーター」 
F8(アクリル・オイルパステル
・スクラッチ・キャンバス)



小山まさえ
新潟県長岡市生まれ
   1995年  二科展入選 以後'99
   1997年  越後湯沢全国童画展「佳作賞」
   2000年  個展(カフェギャラリZEN・長岡)
   2002年  個展(新潟絵屋・新潟)
   2004年  個展(楓画廊アネックス・新潟)
   2006年  個展(楓画廊・新潟)以後'06,'08,'10
   2007年  個展(ギャルリー炎舎・新潟)
   2012年  個展(Kaede Gallery+full moon・新潟)以後'14
   現 在  無所属 新潟市在住


■ 常設展 I:人物像への視点


 会期:2016年3月4日(金)から3月13日(日)まで 会期中3/7(月)~3/10(木)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


斉藤裕紀「水の眠り」
斉藤裕紀「水の眠り」
油彩、テンペラ 17.0×15.8cm
 「人物像への視点」をテーマに、油彩画、日本画、版画によ
るコレクション展を開催します。
 一言に人物像と言っても、正統的に人物を捉えた具象絵画
からそれぞれの作家のイメージから生まれデフォルメされた
人物像まで、実に様々です。
 8人の作家による13点での展観です。





■ My Sweet Home


 会期:2016年2月19日(金)から2月28日(日)まで 会期中2/24(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


出品作家:坪井麻衣子、弦巻理江、星奈緒、好宮佐知子

弦巻理江「カラフル屋根の家」
弦巻理江「カラフル屋根の家」
ガラス絵 10.0☓15.0cm
 今年の冬はかなりの暖冬。とは言っても冬の寒さは身に
しみます。人の温もりや家の灯りが恋しくなる季節です。
そんな季節に小さな光を灯す作品の数々を紹介します。
 4人の作家に新作をお願いしました。油彩画、ガラス絵
パステル画、ドローイング、フレスコ画など20点を展
示します。

坪井麻衣子「光景」   坪井麻衣子「光景」
坪井麻衣子「光景」
油彩、キャンバス 直径20.0cm
   坪井麻衣子「春」
油彩、キャンバス 直径20.0cm
 
弦巻理江「とんがり屋根の家」   弦巻理江「月の見える家」
弦巻理江「とんがり屋根の家」
ガラス絵 7.0☓6.0cm
   弦巻理江「月の見える家」
ガラス絵 7.0☓7.0cm
 
星 奈緒「遠くのあの子を連れてくる 2」   星 奈緒「遠くのあの子を連れてくる 1」
星 奈緒「遠くのあの子を連れてくる 2」
パステル、紙 F3
   星 奈緒「遠くのあの子を連れてくる 1」
パステル、紙 F4
 
好宮佐知子「眺め―海(12月)」   好宮佐知子「流れる風景(4月)」
好宮佐知子「眺め―海(12月)」
フレスコ 直径12.0cm
   好宮佐知子「流れる風景(4月)」
鉛筆、水彩、水彩紙 10.0☓14.8cm









▲TOPへ


■ 特集展示 新春に日本画を愉しむII

 会期:2016年1月8日(金)から1月17日(日)まで 会期中 1/13(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


鹿見喜陌「薫風」
鹿見喜陌「薫風」
日本画 P12(45.5☓60.6cm)
 岩絵の具独特のきらびやかさ。新年になると、落ち着いた雰囲気
で日本画を愛でながら新春を迎えたい気持ちになります。
 昨年に続く第2回展です。心象風景と花をテーマに、ギャラリー
コレクションを中心に12点を展示します。
 また、佐藤裕美の漆蒔絵新作2点と、漆蒔絵アクセサリーも紹介
します。

佐藤裕美 漆蒔絵新作
「祝  申年」   「ウグイスと松・竹・梅」
「祝 申年」 漆蒔絵
22.5☓16.0cm
   「ウグイスと松・竹・梅」 漆蒔絵
22.5☓16.0cm









▲TOPへ


■ 中村一征 | 花と器物

 会期:2015年12月5日(土)から12月19日(土)まで 会期中 12/9,16(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon


中村一征「はなーb」
「はなーb」
膠彩、和紙、ボード
27.3☓22.0cm
 中村一征さんの当画廊での個展は、今回で7回目となり
ます。抽象絵画的な背景を丹念に作り、その上に「かたち」を
描くという手法は、初期作品から一貫したものです。初期は
紋様的な「かたち」から始まり、器物的「かたち」が現れ出し
たのは2006年の個展あたりからです。
 今回はその背景作りや色づかいなど、あらたな展開を見せ
てくれる新作11点と再展示2点、計13点での展観です。

「器物(伊万里小壺)」   「器物(小壺)」   「器物(小壺)」
「器物(伊万里小壺)」
膠彩、和紙、ボード
27.3☓22.0cm
   「器物(小壺)」
膠彩、和紙、ボード
23.0☓18.0cm
   「器物(小壺)」
膠彩、銀箔、和紙、ボード
28.0☓23.0cm
 
「はな(シャクヤク)」   「はな(チューリップ)」   「はなーa」
「はな(シャクヤク)」
膠彩、和紙、ボード
40.9☓27.3cm
   「はな(チューリップ)」
膠彩、和紙、ボード
27.3☓19.0cm
   「はなーa」
膠彩、和紙、ボード
27.3☓22.0cm



中村一征(なかむら いっせい)
   1968年  新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ
   1990年  東海大学教養学部芸術学科美術学課程卒業
   1994年  個展(Gアートギャラリー・東京 銀座)
   2002年  個展(楓画廊)以後'04,'06,'07,'09,'11
   2012年  矢尾板克則☓中村一征展(楓画廊)
   現 在  無所属 阿賀野市在住






▲TOPへ


■ セレクション展:モノクローム版画

 会期:2015年11月20日(金)から11月29日(日)まで 会期中11/25(水)26(木)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

鈴木 晃「MASK 2015-I」
鈴木 晃「MASK 2015-I」
メゾチント 17.6×13.2cm
 新着版画を中心に、銅版画と木版画によるモノクローム
作品20点を紹介します。黒の濃淡による世界をお楽しみ
いただけたらと思います。



大貫真寿美「空と蜜」   梅田恭子「糸棘」   長島 充「ヤタガラス」
大貫真寿美「空と蜜」
木版画   16.0×12.0cm
   梅田恭子「糸棘」
銅版画  7.5×13.5cm
   長島 充「ヤタガラス」
木版画   23.0×23.0cm









▲TOPへ


■ Annual Show 2015

 会期:2015年11月1日(日)から11月14日(土)まで 会期中 11/4,11(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 出品作家:季村江里香・坪井麻衣子・星 奈緒・好宮佐知子・ヤマクラコウジ

好宮佐知子「夜(3月)」
好宮佐知子「夜(3月)」
鉛筆、水彩ガッシュ、白亜地
寒冷紗、パネル    20.0☓27.0cm
 今年当画廊で個展を開催した作家5名によるレビューの
グループ展を開催します。個展時発表作を中心に、新旧の作
品を含め20点を展示致します。

季村江里香「house」   坪井麻衣子「イエ」   星 奈緒「密度と空白」   ヤマクラコウジ「無題」
季村江里香「house」
古い辞書、アクリル
18.0×18.0cm
   坪井麻衣子「イエ」
油彩、キャンパス
径 10.0cm
   星 奈緒「密度と空白」
パステル、紙
33.4×24.3cm
   ヤマクラコウジ「無題」
ゼラチンシルバープリント
19.5×25.0cm









▲TOPへ


■ 近藤達雄展 「花、女、夜ーその4」

 会期:2015年10月3日(土)から10月12日(月・祝)まで 会期中無休
 会場:Kaede Gallery+full moon

近藤達雄作品
それぞれ複雑に絡み合う生命体としての花びらと花そのもの、 モデルとの対峙とその表出、異物との組み合わせ、人工の光 を背景に浮かび上がる夜の風景。「花、女、夜」という3つを テーマに据え2年に1度作品発表をする近藤達雄の第4回個 展です。




◇同時開催(2階):3人展 佐藤裕美(漆蒔絵)☓荒井 英(球体関節人形)☓芳賀美井(写真)
佐藤 裕美   荒井 英   芳賀 美井
佐藤裕美
   荒井 英
   芳賀 美井






▲TOPへ


■ 好宮佐知子 展

 会期:2015年9月12日(土)から9月25日(金)まで 会期中9/16,23(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

「スキップ (6月)」
「スキップ (6月)」
454×530mm     2014年
鉛筆、水彩ガッシュ、
白亜地、寒冷紗、パネル
 薄い生地のカーテンが風になびき、次の瞬間ふわりと 大きく膨らみます。寄せて返す波のようにふわりふわり とゆっくりとなびく様子を見ていると、無音になった世 界で時間が止まったように感じます。
 特別なことは何もない日々の中で、別世界を感じさせる 光景の出会う瞬間があります。その光景も言葉にすると 何ということはない光景ですが、その時瞬間的に目に飛 び込んできて忘れられない場面となるのです。何かを鑑 賞するということは、今いる場所ではない別の世界を体 験することであり、私の目にした光景もその瞬間、その 場は今いる場所ではないどこかに変わっていたのでした。
 鑑賞は心の旅であり、心地よい旅となるような作品を 描ければ、と日々制作をしています。
(好宮佐知子)


「明るい部屋 (10月)」   「庭ー2 (3月)」   「降る色 (12月)」   「反射 (7月)」
「明るい部屋 (10月)」
318×410mm     2015年
鉛筆、水彩ガッシュ、
白亜地、寒冷紗、パネル
   「庭ー2 (3月)」
270×200mm     2015年
鉛筆、水彩ガッシュ、
白亜地、寒冷紗、パネル
   「降る色 (12月)」
454×530mm     2015年
鉛筆、水彩ガッシュ、
白亜地、寒冷紗、パネル
   「反射 (7月)」 径105mm
フレスコ(磨き)     2015年



好宮佐知子(よしみや さちこ)
  1977年  東京生まれ
  2006年  東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻(壁画)修了
  現 在  無所属 静岡県三島市在住
 
 
[個展]
  2008年  工房 親 (東京)
   画廊Full Moon (新潟)
   ギャラリー惺 SATORU (東京) 以後'11
  2009年  ギャラリーゴトウ (東京) 以後'10,'12
  2012年  Kaede Gallery+full moon
  2013年  ウィリアム モリス (東京)






▲TOPへ


■ 坪井麻衣子 新作展

 会期:2015年8月28日(金)から9月6日(日)まで 会期中9/2(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

「空地のベンチ」
「空地のベンチ」oil on canvas
727×910mm       2015年
       いつから歩いていただろう。
遠くに空き地がみえた。
そこにはベンチがあって、親子が座っている。
なんのための空き地か、誰のためのベンチか。
空き地に近づくとベンチが空き、私は腰を下ろす。
しばらくして、立ち上がりベンチを空き地を後にする。
きっとまた、他の誰かがそのベンチに腰を下ろす。
空き地のベンチの時間。
誰のためでもなく、誰のものでもある。
(坪井麻衣子)


「西の空」   「初夏」           「飛べる鳥」             「飛べる鳥」
「西の空」 oil on canvas
318×410mm       2015年
   「初夏」 oil on canvas
158×227mm       2015年
   「飛べる鳥」 oil on canvas
410×410mm       2015年
   「飛べる鳥」 oil on canvas
455×333mm       2015年

坪井麻衣子(つぼい まいこ)
  1979年  新潟市生まれ
  2005年  日本大学芸術学部美術科絵画コース絵画専攻卒業
  2007年  東京芸術大学大学院美術研究科芸術学専攻美術教育研究室修了
サロン・ド・プランタン賞(東京芸術大学)
  現 在  無所属 日本大学芸術学部美術学科絵画コース助教
東京都在住






▲TOPへ


■ 星 奈緒 新作展『誰かの肖像』

 会期:2015年7月4日(土)から7月20日(月・祝)まで 会期中 7/8,15(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

「密度と空白」
「密度と空白」
パステル、紙 F4
        私の描く人物画にはたいていモデルがいません。それは、人の顔を
作り出す作業です。ほんの1ミリの差で、絵の中の人はがらりと雰囲
気を変えてしまいます。描いている過程で、その人は微笑んだり、悲し
んだり、驚いたり、怒ったりします。そのたびに、私はその表情を消そ
うと努めます。へこみを埋めて、でっぱりをならし、平らにしていき
ます。密度を増せば増すほど、シンプルになっていきます。余分なも
のはありません。すっぽりおさまっていきます。
 一方で私自身の日常は、いつでもどこかが飛び出ていて、引っ込ん
でいて、でこぼこしています。(星 奈緒・記)


「密度と空白/別の視点から」   「うつろな女/別の視点から」           「瞳」             「瞼」
「密度と空白/別の視点から」
パステル、紙 F4
   「うつろな女/別の視点から」
パステル、紙 F6
   「瞳」
パステル、紙 F4
   「瞼」
パステル、紙 F4

星 奈緒(ほし なお)
1989年   新潟県魚沼市生まれ
2011年   第66回新潟県美術展覧会 洋画部門「県展賞」
2012年   長岡造形大学視覚デザイン科卒業
2014年   個展 (Kaede Gallery+full moon)
現 在   無所属 東京都在住
 





▲TOPへ


現在開催中の展覧会のご案内    お問い合わせ info@kaede-g.com

■ コイズミアヤ展:箱の仕事

 会期:2014年12月 6日(土)から12月20日(土)まで 会期中12/10,17(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 外の世界と内の世界を「箱」を通して表現するコイズミアヤの世界を、2011年に発表された
「しくみの内側のしくみII」を中心にこの10年ほどの仕事を振り返る展覧会です。



「しくみの内側のしくみII」   「しくみの内側のしくみII」
「しくみの内側のしくみII」 木、ピアノ線
w602Xd161Xh200mm  2011年

「明滅」 2012年   「行き方について」内部写真 2005年   「山と随道p」2004年
「明滅」 2012年
木、画像、デジタルフォトフレーム
w46Xd64Xh20mm

w50Xd68Xh20mm
   「行き方について」内部写真 2005年

w400Xd400Xh346mm
   「山と隧道p」2004年
木、粘土、建築模型材料
w260Xd450Xh340mm

コイズミアヤ
1971年   東京生まれ
1994年   武蔵野美術大学卒業
現 在   無所属 長岡市在住(2009〜)
   
   
1998年   個展(ギャラリー椿・東京 京橋)以後 '97,'99,'01,'03,'05,'09,'11
2001年   BOXART展(2002にかけて巡回)  リアス・アーク美術館/新潟市美術館/
おかざき世界子ども美術博物館/静岡アートギャラリー/高知県立美術館
2003年   箱もの7人展(楓画廊)
2012年   セッション2012年:2画廊の推薦作家による(Kaede Gallery+full moon)
2013年   「空想の建築―ピラネージから野又穰へー」(町田市立国際版画美術館)
「美術としての本」 (Kaede Gallery+full moon)
 

会場風景





▲TOPへ


■ 岡谷敦魚版画展:版画集『二つの世界・デミアンについて』

 会期:2014年11月15日(土)から11月29日(日)まで 会期中 11/19,26(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 今回の個展で作家自身初の版画集を刊行します。昨年11月当画廊のグループ展「美術としての本」
に出品した3点に新たに2点を加え版画集『二つの世界・デミアンについて』を編みました。他に新作版
画6点とともに計11点で展観致します。

岡谷敦魚(おかのや あつお)
1971年   東京生まれ
1994年   武蔵野美術大学油絵学科版画コース銅版画専攻卒業
1994年   東京芸術大学大学院美術研究科造形学美術教育終了
現 在   長岡造形大学絵画コース准教授 長岡市在住

版画集「二つの世界・デミアンについて」収録作品
demian-1   demian-2   demian-3   demian-4   demian-5
「demian-1」
銅版画、リトグラフ、
シルクスクリーン
230mm×175mm
  「demian-2」
銅版画、リトグラフ、
シルクスクリーン、雁皮紙
230mm×175mm
  「demian-3」
銅版画、リトグラフ、
シルクスクリーン、雁皮紙
230mm×175mm
  「demian-4」
銅版画、リトグラフ、
シルクスクリーン
230mm×175mm
  「demian-5」
銅版画、リトグラフ、
シルクスクリーン
230mm×175mm
cain-1   cain-2   cain-3
「cain-1」
銅版画、リトグラフ、
シルクスクリーン
w:510mm×h:350mm
  「cain-2」
銅版画、リトグラフ

w:510mm×h:350mm
  「cain-3」
銅版画、リトグラフ、
シルクスクリーン
w:510mm×h:350mm

会場風景



■ たおやかな器

 会期:2014年11月1日(土)から11月9日(日)まで 会期中 11/5(水)、6(木)休廊
 会場:楓画廊

 現代陶芸のギャラリーコレクション展を開催します。現代陶芸で活躍する加藤 委、金 憲鎬
額賀章夫、真木弘姫、真木未波、村田 森などの作品15点程を展示します。今回の販売は一部の
みとなります。

           
真木未波「徳利」
21.0x10.0x10.0cm
会場風景




■ 弦巻理江ガラス展

 会期:2014年10月17日(金)から10月26日(日)まで 会期中10/22(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 2年ぶりの新作個展は、「ものがたりから生まれた絵画」をテーマに、古典から最新作まで、
その登場人物や情景をガラス絵20点で展観致します。



弦巻理江「アリス」   弦巻理江「白雪姫」   弦巻理江「王女」   弦巻理江「女王」
「アリス」
12.0×8.0cm
  「白雪姫」
12.0×8.0cm
  「王女」
15.0×10.0cm
  「女王」
15.0×10.0cm
 
弦巻理江「おかしの家」   弦巻理江「エメラルドシティ(オズの魔法使い)」   弦巻理江「まんげつ(かぐや姫)」   弦巻理江「空飛ぶじゅうたん(アラビアンナイト)」
「おかしの家」
20.0×25.0cm
  「エメラルドシティ(オズの魔法使い)」
20.0×25.0cm
  「まんげつ(かぐや姫)」
15.0×15.0cm
  「空飛ぶじゅうたん(アラビアンナイト)」
15.0×21.0cm

弦巻理江(つるまき りえ)
1970年   新潟市生まれ
1994年   相模女子大学学芸学部卒業
   木版画を鈴木力氏に師事
2003年   個展(楓画廊)以後 '05,'08,'12
2006年   第61回新潟県展版画部門「奨励賞」
2008年   第63回新潟県展版画部門「奨励賞」
現 在   無所属 新潟市在住
会場風景




■ 同時開催:押味くみこ陶展〜ねがいぼし〜(2階展示室)


  なんとなく疲れている日常のなかの
  少しの癒しになればと願いを込めて
  参加型作品をつくりました。
  奏でる音や重なる色を
  楽しんでいただけたら幸いです。
  動物モチーフの食器やアクセサリーなど
  陶器の展示もあります。(押味くみこ 記)
         押味くみこ「再生の女神」



会場風景


■ モノクロームの誘惑

 会期:2014年10月3日(金)から10月12日(日)まで 会期中10/8(水)9(木)休廊
 会場:楓画廊

写真と版画によるモノクローム作品の特集。
ヤマクラコウジの写真4点と写真集1点を中心に、銅版画や木版画15点程をあわせて展示致します。

  
           
ヤマクラコウジ「Untitled」
ゼラチンシルバープリント
190×190mm
ヤマクラコウジ「Untitled」
ゼラチンシルバープリント
190×190mm
ヤマクラコウジ「Untitled」
ゼラチンシルバープリント
165×260mm



会場風景
▲TOPへ


■ 瀧谷美香×坪井麻衣子×好宮佐知子 展

 会期:2014年9月13日(土)から9月27日(土)まで 会期中9/17,24(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

「風景への視点」をテーマに、同世代の女性作家3名のそれぞれの世界を3つの個展形式で紹介します。
瀧谷美香は近年取り組むガラス絵でヨーロッパ風景などを、坪井麻衣子は生まれ育った新潟の原風景
などを油彩画で、好宮佐知子はおだやかな光と影の心象風景をフレスコ画で描き出します。



瀧谷美香
(たきや みか)
  1979年新潟県上越市生まれ/2004年新潟大学大学院教育学研究科美術教育専修修了
現在 無所属 愛知県在住
瀧谷美香「ニースの花市」   瀧谷美香「あゆみ」   瀧谷美香「光の片隅」   瀧谷美香「黒壁」
「ニースの花市」ガラス絵
18.0×13.0cm 2012年
  「あゆみ」ガラス、アクリル絵具
15.6×14.5cm 2014年
  「光の片隅」ガラス、アクリル絵具
19.0×27.2cm 2014年
  「黒壁」ガラス、アクリル絵具
14.7×19.0cm 2014年



坪井麻衣子
(つぼい まいこ)
  1979年新潟市生まれ/2007年東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻美術教育研究室修了
現在 無所属 横浜市在住
坪井麻衣子「あの夜」   坪井麻衣子「弥彦山」   坪井麻衣子「うち」
「あの夜」油彩、キャンバス
SM 2014年
  「弥彦山」油彩、キャンバス
F3 2014年
  「うち」油彩、キャンバス
S3 2011年
 
坪井麻衣子「どこまでも続く幻想」
「どこまでも続く幻想」油彩、キャンバス
17.0×99.0cm 2014年



好宮佐知子
(よしみや さちこ)
  1977年東京生まれ/2006年東京藝術大学大学院博士後期課程美術専攻(壁画)修了
現在 無所属 静岡県在住
好宮佐知子「ある日・朝(6月)」   好宮佐知子「ある朝-2(5月)」   好宮佐知子「降る-1(1月)」   好宮佐知子「知らない町(4月)2014年」
「ある日・朝(6月)」フレスコ
直径14.5cm 2013年
  「ある朝-2(5月)」フレスコ
直径9.5cm 2013年
  「降る-1(1月)」
ガッシュ、水彩紙
14×18cm 2014年
  「知らない町(4月)2014年」
鉛筆、ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
45.5×53cm 2014年





会場風景
   
 
   
 
   

▲TOPへ


■ 鹿嶋裕一版画展

 会期:2014年8月29日(金)から9月7日(日)まで 会期中9/3(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

1981年生まれの若手版画家鹿嶋裕一の当画廊初個展を開催します。
伝統的な木版画の手法で、身近な都市風景を俯瞰的かつ立体的に描き、その作品はファンタジックな世界へ誘います。
5月末の新潟取材で生まれた「関屋分水」など新潟の風景を題材にした新作数点もご覧いただきます。



鹿嶋裕一(かしま ゆういち)
1981年 東京都町田市生まれ
2007年 東京藝術大学絵画科油画専攻卒業
    東京藝術大学卒業制作展 O氏賞
2008年 個展(ギャラリーゴトウ・東京銀座)以後 '09,'11,'12
2009年 東京藝術大学大学院美術研究科絵画科専攻版画研究室修了
 第6回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ 準大賞
現 在 無所属 横浜美術大学講師 東京都町田市在住


つくし野   林試の森   電波塔   関屋分水
「つくし野」
縦600mm×横850mm
和紙 水性絵具/2013
  「林試の森」
縦600mm×横850mm
和紙 水性絵具/2013
  「電波塔」
縦450mm×横300mm
和紙 水性絵具/2013
  「関屋分水」
縦300mm×横450mm
和紙 水性絵具/2014
 
 
 
あぜ道   鉄塔IV   田端公園   境川
「あぜ道」
縦300mm×横450mm
和紙 水性絵具/2013
  「鉄塔IV」
縦220mm×横150mm
和紙 水性絵具/2010
  「田端公園」
縦150mm×横220mm
和紙 水性絵具/2010
  「境川」
縦150mm×横220mm
和紙 水性絵具/2010



会場風景
   
 
   



▲TOPへ


■ 星 奈緒展

 会期:2014年7月5日(土)から7月19日(土)まで 会期中7/9,16(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 長岡造形大学を卒業し活動をする星 奈緒さんの当画廊での初個展を開催します。パステルで描かれる人物や体の一部は、
静謐さを醸し出します。新作を中心に12点程を展示致します。



星 奈緒(ほし なお)
1989年 新潟県魚沼市生まれ
2012年 長岡造形大学視覚デザイン科卒業
    
2011年 第66回新潟県展洋画部門「県展賞」
    個展「星奈緒展 noname」(カフェギャラリーFATO・長岡市)
2012年 個展「星奈緒展 かたちの決まり事」(まつだいカールベンクスハウス・長岡市)
2013年 個展「星奈緒展」(豊栄地区公民館ギャラリー・新潟市北区)
現 在 無所属 東京都在住


     
「かたちの決まり事 6」
M12号(410×606mm)
パステル、紙/2012年
  「拾いもの」
250×250mm
パステル、紙/2012年
  「植物標本 1」
445×530mm
パステル、紙/2014年
  「植物標本 2」
445×530mm
パステル、紙/2014年
 
 
 
     
「つらなり 1」
F4号
パステル、鉛筆、紙/2014年
  「つらなり 4」
F4号
パステル、鉛筆、紙/2014年
  「松ぼっくり」
315×295mm
パステル、紙/2014年
  「質量の形」
F10号
パステル、紙/2014年



会場風景
   
 
   



▲TOPへ


■ おだやかな日々・・・展 Part 2 Kaede 器 陶器セール

 会期:2014年6月20日(金)から6月29日(日)まで 会期中6/25(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 2階常設展示『Kaede 器』の取り扱い作家の中から、鈴木宏美(益子)の絵付けのないシンプルな器、田代倫章(益子)の
焼〆、樽見浩(山形)の織部など合わせて70点程を特別価格で販売致します。
《特典》期間中、¥5,000以上お買い上げいただいた方にKaede 器(2階常設展示)でご利用いただける10%offサービス券
      (1年間有効)を差し上げます。

鈴木宏美「深鉢」   鈴木宏美「平鉢」   田代倫章「灰釉フリーカップ」
鈴木宏美「深鉢」
径13.0×高さ9.0cm
  鈴木宏美「平鉢」
径23.5×高さ6.5cm
  田代倫章「灰釉フリーカップ」
径8.5×高さ8.5cm
 
田代倫章「火色片口鉢」   樽見 浩「織部五寸鉢」   樽見 浩「織部飯碗」
田代倫章「火色片口鉢」
径17.0×高さ6.0cm
  樽見 浩「織部五寸鉢」
径18.5×高さ6.0cm
  樽見 浩「織部飯碗」
径12.5×高さ6.0cm


 
会場風景
           


■ おだやかな日々・・・展 Part 1 井上厚木版画の世界

 会期:2014年6月6日(金)から6月15日(日)まで 会期中6/11(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 井上厚の木版画は、版木の他に型紙などを用い、バレンによる微妙な刷りにより独特なぼかしで穏やかな
画面を醸し出します。今展では、最近作の「四季」の連作小品4点に旧作セレクション9点を加えて13点を展示
致します。


     
「Spring」 木版画
17.0×12.0cm
  「Summer」 木版画
17.0×12.0cm
  「Autumn」 木版画
17.0×12.0cm
  「Winter」 木版画
17.0×12.0cm
 
 
 
     
「LIFE WITH A DOG (4)」
木版画 20.0×20.0cm
  「LIFE WITH A DOG (5)」
木版画 20.0×20.0cm
  「月の舟」 木版画
20.0×28.0cm
  「ビクトリアの夕日」木版画
16.0×19.0cm


 
会場風景
           
▲TOPへ


■ 木版画3人展:井上 厚×坂本恭子×長島 充

 会期:2014年5月26日(月)から6月3日(火)まで 会期中5/28(水)29(木)休廊
 会場:楓画廊

 北区葛塚のスペースでの春の展覧会です。井上 厚の多色刷り木版画による「四季」の連作と、
長島 充の木口木版画による「ふくろう」の連作4点を中心に、坂本恭子の作品を加え、小作品
12点を展示致します。

井上 厚「Spring」   坂本恭子「second floor」   長島 充「シマフクロウ」
井上 厚「Spring」
木版画
17.0×12.0cm
  坂本恭子「second floor」
木版画
7.0×7.0cm
  長島 充「シマフクロウ」
木口木版画
7.5×10.0cm

 
会場風景
           
▲TOPへ


■ ヤマクラコウジ写真展「ERA」

 会期:2014年5月16日(金)から5月25日(日)まで 会期中5/21(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 当画廊での個展は3年ぶり2回目となります。日常の何気ない風景を抽象的な切り取り方をするのが
ヤマクラさんの写真の特徴です。モノクローム写真18点程での展観です。


・作品タイトルは全てつけていません
・素材は全て「ゼラチンシルバープリント」です
     

400x325 mm
 
325x400 mm
 
271x271 mm
 
530x355 mm
 
 
 
     

325x400 mm
 
325x400 mm
 
325x400 mm
 
325x400 mm


ヤマクラコウジ
    新潟県三条市(旧栄村)生まれ
2008年 個展「tender」(ギャラリーmuan・長岡)
2009年 個展「サキオ」(ギャラリーmuan・長岡)
    「36度7分」微熱展 (ギャラリーmuan・長岡)
 One-Mart EXPRESS Ⅵ(今井美術館・見附)
2010年 この界隈のビジュツ(ギャラリー炎舎・新潟)
 One-Mart EXPRESS Ⅶ(今井美術館・見附)
2011年 Blue Sky Project in Niigata(ギャラリーゆうむ・新潟)
    個展「発光」(Kaede Gallery+full moon)
2012年 セッション2012:2画廊の推薦作家による (Kaede Gallery+full moon)
2013年 2人展「何から話そう」(ギャラリーmuan)
 Artist's Books:美術としての本(Kaede Gallery+full moon)
現 在 無所属 新潟県見附市在住

 
会場風景
     
 
     



▲TOPへ


■常設展:春の彩り

 会期:2014年5月1日(木)から5月10日(土)まで 会期中5/4(日)~5/7(水)休廊
     *今会期中の営業時間は11:00~17:00とさせていただきます
 会場:Kaede Gallery+full moon

 初春に彩りをそえる絵画作品10点と後藤奈々、鈴木宏美の陶器を展示致します。

中村一征「はな-G1」   鈴木宏美「絵付け4寸鉢(ヒワマリ)」
中村一征「はな-G1」 ガラス絵
13.0×10.0cm
  鈴木宏美「絵付け4寸鉢(ヒワマリ)」
径13.0×高さ3.5cm
 
会場風景
           
▲TOPへ


■ 小山まさえガラス絵展

 会期:2014年4月19日(土)から4月29日(火・祝)まで 会期中4/23(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 2年に1度の企画個展も、今回で5回目となります。小山さんが今まで取り組んできた『物語』『花』
『抽象表現』をガラス絵20点で展観致します。春のひと時、是非ご覧いただければ幸いです。

     
「漂着」ガラス絵
20.0×20.0cm
  「鳥使い」ガラス絵
15.0×15.0cm
  「旅の途中で」ガラス絵
15.0×15.0cm
  「音楽の街」ガラス絵
15.0×30.0cm
 
     
「無題2(白)」ガラス絵
15.0×15.0cm
  「無題6(白)」ガラス絵
15.0×15.0cm
  「あじさい」ガラス絵
15.0×15.0cm
  「夏の庭」ガラス絵
15.0×15.0cm
 
会場風景
           
 
           



▲TOPへ


■コレクションへの誘い:spring sale

 会期:2014年4月4日(金)から4月13日(日)まで 会期中4/9(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 今春は『油彩画と日本画による花と人物』をテーマに、6人の作家による12点をセール価格で
お届け致します。また、アートブックセールも40冊程取り揃え同時開催致します。

関菜穂子「Time」   杉原伸子「もり」   渡辺富栄「翁草」
関菜穂子「Time」F0
岩絵の具、和紙
  杉原伸子「もり」36.5×51.5cm
岩絵の具、和紙
  渡辺富栄「翁草」SM
岩絵の具、和紙
 
大石洋次郎「えりまき」   小林裕児「蓮の花を持つ人」   齋藤裕紀「明るい部屋」
大石洋次郎「えりまき」SM
油彩、キャンバス
  小林裕児「蓮の花を持つ人」F3
テンペラ、油彩、ボード
  齋藤裕紀「明るい部屋」SM
テンペラ、油彩、ボード
 
会場風景
     
 
     



▲TOPへ


■ヒラタヒロヒコ展

 会期:2014年3月21日(金)から3月30日(日)まで 会期中3/26(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 木や金属の素材を生かしながらも、ひとひねりふたひねりし提示するヒラタヒロヒコの
『ナンセンスアート』の世界。12点程を展示致します。

ヒラタヒロヒコ 決闘申込機   ヒラタヒロヒコ 銘刀フレンドリー
決闘申込機   銘刀フレンドリー
 
ヒラタヒロヒコ しおり手裏剣   ヒラタヒロヒコ 授乳マスク
しおり手裏剣   授乳マスク
 
会場風景
           
 
 
☆来場者作品投票結果 詳細⇒Dialogue



▲TOPへ


■ たおやかな器:飯碗

 会期:2014年3月7日(金)から3月16日(日)まで 会期中3/12(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 押味久美子(新潟)、後藤奈々(新潟)、鈴木宏美(益子)、田代倫章(益子)、樽見 浩(山形・南陽)
の5名の作家による飯碗120点程を展示販売致します。新たな器で春を迎えてみてはいかがでしょ
うか。皆様のお越しをお待ちしています。

 
押味久美子(新潟)   後藤奈々(新潟)
 
 
田代倫章(益子)   鈴木宏美(新潟)
   
樽見 浩(山形・南陽)    
 
会場風景
           
 
     

▲TOPへ


■ 有元利夫×田中陽子展:静と動の人物像

 会期:2014年2月21日(金)から3月2日(日)まで 会期中2/26(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 夭折の画家有元利夫が残した銅版画『雲の誕生』から8点と、第1回川上澄生木版画大賞展の大賞受賞者で、
5年前に急逝した木版画家田中陽子の作品7点を展示致します。二人の人物像をお楽しみ下さい。

有元利夫 作品
     
「雲の誕生 #7」
エッチング
13.8×9.8cm
  「雲の誕生 #15」
エッチング
9.6×6.3cm
  「雲の誕生 #20」
エッチング
14.5×9.5cm
  「雲の誕生 #26」
エッチング
8.0×6.7cm

田中陽子 作品
     
「あこがれの陽」
木版画
40.0×26.0cm
  「バレリーナ」
木版画
39.0×29.0cm
  「黒いタイツ」
木版画
40.0×23.5cm
  「とわに 男女」
木版画
27.0×28.0cm
 
会場風景
           
 
     

▲TOPへ


■ 花の彩り2014:女性作家5名による

 会期:2014年1月10日(金)から1月19日(日)まで 会期中1/15(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 出品作家:小山まさえ(ガラス絵) 佐藤裕美(漆蒔絵) 鈴木宏美(陶) 坪井麻衣子(油彩画) 弦巻理江(ガラス絵)

 新春を彩る花の饗宴です。今回は平面作品だけでなく、陶や漆蒔絵までジャンルを広げてみました。
女性作家5名が描く花の世界をお楽しみ下さい。
 
小山 まさえ
   
「さざんか」 ガラス絵 15.0×15.0cm   「celebrate」 ガラス絵 11.5×16.5cm   「あじさい」 ガラス絵 15.0×15.0cm
 
弦巻 理江
   
「あんずの花」 ガラス絵 15.0×15.0cm   「いちごの花」 ガラス絵 15.0×15.0cm   「りんごの花」 ガラス絵 15.0×15.0cm
 
坪井 麻衣子
   
「コルチカム」
油彩画 M6
  「エゾヨモギギク」
油彩画 F6
  「鳥は知らない」
油彩画 F0
 
佐藤 裕美(漆蒔絵)   鈴木 宏美(陶)  
     
     
 
 
会場風景
           
 
     

▲TOPへ


■ 長島 充展:神話と伝説

 会期:2013年12月7日(土)から12月21日(土)まで 会期中12/11,18(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 神話と伝説をテーマに、近年は銅版画だけでなく、木口木版画や多色刷りの板目木版画など 多様な版種を用い表現の幅を広げている長島充の幻想世界をご覧下さい。  2階『Kaede 器』の壁面には、「日本の野鳥」シリーズの中から新作を中心に7点を併設展示致します。
Artist Profile
長島 充(ながしま みつる)
1959年千葉県生まれ
1985年創形美術学校研究科修了
1993年中華民国国際版画・素描ビエンナーレ版画部門「銀賞」
2000年イビザ国際銅版画ビエンナーレ「最高賞」
2002年個展(楓画廊)
2012年個展-日本の野鳥(楓画廊)
2013年個展-日本の野鳥(水の駅ビュー福島潟5階企画展示室・新潟市北区)
現 在日本版画協会会員 日本美術家連盟会員




「麒麟図2012」
木版画、ステンシル併用
60.5×91.0cm 2012年
   
  「雨を呼ぶ鳥Ⅱ」
手彩色銅版画
39.5×22.0cm 2006年
  「The Bastet」
木口木版画
20.0×15.0cm 2005年



2階併設展示「日本の野鳥」シリーズ
     
「コミミズク」
木口木版画
10.0×7.5cm 2013年
  「フクロウ」
木口木版画
10.0×7.5cm 2013年
  「シマフクロウ」
木口木版画
10.0×7.5cm 2013年
  「シロフクロウ」
木口木版画
10.0×7.5cm 2013年
 
会場風景
 

▲TOPへ


■ コレクションへの誘い:Autumen Sale 小さな版画&小さなドローイング+アートブックセール

会期:2013年11月22日(金)から12月1日(日)まで 会期中11/25(月)26(火)27(水)28(木)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 
 画面サイズ12cmまでの小さな版画とドローイング40点を特別価格で販売致します。春、好評だった アートブックセールも30冊程を取り揃え併設致します。是非ご覧下さい。

坂本恭子 「POOL」
木版画 7.0×7.0cm

涌田利之「チビタマの憂鬱」
木口木版画 5.0×8.0cm

大下百華「白昼の花」
アクリル、インク、色鉛筆
12.0×12.0cm

白木ゆり「Core」
銅版画、水彩
12.0×12.0cm



会場風景

▲TOPへ


 
■ 開廊13周年記念展 Artist's Books:美術としての本

 会期:2013年11月2日(土)から11月16日(土)まで 会期中11/6,13(水)休廊
 会場:Kaede Gallery+full moon

 出品作家:岡谷敦魚・コイズミアヤ・長島裕子・中田 歩・中村一征・
      蓮池もも・ヒラタヒロヒコ・矢尾板克則・ヤマクラコウジ
 時々開いてひとり楽しむ、美術作品として毎日眺めるオブジェのような、世の中に1冊しかない本。
この数年温めてきた企画を9人の作家の協力により開廊13周年記念展として開催致します。
 5cm程のミニ本から陶による作品まで約40点を手に取ってご覧いただければ幸いです。


 
岡谷敦魚「demian Ⅰ」
ヘッセ「デミアン」の英文を銅版に腐食し、
反転した状態で版画作品に。
 
コイズミアヤ「アンゼルムの門」(左)
            「私信-イリスをさがしています
            (『アヤメ』について)」(右)
ヘッセの短編「アヤメ」の文庫本を裁断し
張り合わせ器状に仕上げた作品(右)
 
 
中田 歩「平列」(左)「直列」(右)
懐かしい子どもの風景が描かれた
ドローイングブック
 
長島裕子 贈りもの「はなの」(左)
          贈りもの「iwai」(右)
女性らしい感性の版画作品本を添えた
ボックスアート(右)
 
 
中村一征「book Ⅲ」
貼り込まれたそれぞれの布が抽象画を
喚起する作品
  蓮池もも「AMULET (1)~(12)」
4cm四方、厚さ1cm程の中に彩られた
「魔よけ(お守り)」というタイトルのミニ本
 
 
ヒラタヒロヒコ「蝋燭付ブック」(奥)
       「入眠マシーン枕付」(手前)
実用性がありそうでなさそうな装置付本
 
矢尾板克則「book」
6枚(手前)、5枚(奥)の陶板に気になる形を
描いた陶立体
 
 
ヤマクラコウジ「5-38-17-101」「東13SEP3d」
       「無題」(時計まわり)
身近な日常風景や都市風景を切り取った写真集


会場風景

▲TOPへ


 
■ 常設展:岩間 弘の彫刻+新入荷陶器

 会期:2013年10月18日(金)から10月27日(日)まで 会期中10/21(月)22(火)23(水)24(木)休廊
 会場:楓画廊
 北区葛塚の画廊での秋の展覧会です。岩間 弘のブロンズ彫刻5点に、新入荷陶器(田代倫章の焼〆プレート
と飯碗、矢尾板克則のマグカップと湯呑み)を展示致します。

「星の住処 No.1」
ブロンズ
h21.0×w32.0×d26.0cm

「マスク」
ブロンズ
h18.0×w21.0×d6.0cm

 
会場風景
 

▲TOPへ


 
■ 近藤達雄作品展「花、女、夜-その3」
会期:2013年10月5日(土)から10月14(月・祝)まで 会期中無休
会場:Kaede Gallery+full moon
 「花、女、夜」と題した近藤達雄さんの2年ぶり3度目の個展です。独特の人物像を初め、花と夜の風景への
 視点をご覧いただきます。
 今回は、ゲスト作家として3名の若手アーティストを迎え、2階展示室にて作品を展示致します。


<ゲスト作家>
佐藤 裕美 石塚 一歩 荒井 英
 
会場風景
 
   

▲TOPへ


■ 風景への視点Ⅲ:坪井麻衣子新作を中心に
会期:2013年9月14日(土)から9月23日(月・祝)まで 会期中9/18(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 今展では、新潟市出身の若手油彩画家坪井麻衣子の新作を中心に、ギャラリーコレクションの
油彩画、日本画などを加えて15点程で展観致します。
 今回紹介する坪井麻衣子の作品は、身近な風景をパステルトーンの色彩で切り取り、『既視感』
をイメージさせる魅力的なものです。是非ご覧下さい。


景色 -溶存-
油彩、キャンバス
803×1167mm
風景 -ライト-
油彩、キャンバス
Ø 300mm
既視感
油彩、キャンバス
Ø 900mm
ポピー
油彩、キャンバス
410×410mm
one's sea
油彩、キャンバス
220×330mm
休日
油彩、キャンバス
409×530mm
坪井 麻衣子(つぼい まいこ)
1979年  新潟市生まれ
2005年  日本大学芸術学部美術科絵画コース絵画専攻卒業
2007年  東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻美術教育研究室修了
東京藝術大学「サロン・ド・プランタン賞」
現 在  無所属 横浜市在住 横浜美術大学絵画研究室助手
▲TOPへ


■ Summer Selection 2013
会期:2013年6月29日(土)から7月13日(土)まで 会期中7/3,10(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 今夏のセレクション展は、『具象と抽象の間(はざま)』をテーマに、普段取り扱いの作家の作品を中心に、
パステル画やドローイング、版画の平面作品に陶器を加えて15点程で展観致します。


宗宮 肇「無題」
パステル、紙
55.0×46.0cm
赤塚祐二「hana #4」
アクアチント、エッチング
31.0×38.0cm
清水 伸「無題」
染料、紙
31.0×40.0cm
谷口聡子「Fountainhead」
エッチング、アクアチント
34.5×44.5cm

▲TOPへ


□ Figures by prints
会期:2013年6月8日(土)から6月22日(土)まで 会期中6/12,19(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 当画廊の『人物像シリーズ』第3弾は、5人の作家の版画15点による展観です。
国内外のコンクールで多数の受賞歴のある作田富幸と釣谷幸輝の銅版画から田中陽子(故人)のダンスシリーズまで、
各作家の人物への眼差しをお楽しみいただければ幸いです。

 出品作家:大下百華・小林裕児・作田富幸・田中陽子・釣谷幸輝


大下百華 「赤い扉」
42.0×27.0cm 木版画
小林裕児 「舟と人」
15.0×12.0cm 銅版画
作田富幸 「Tears on face」
21.0×16.0cm 銅版画、手彩色
 
田中陽子「バレリーナ」
39.0×29.0cm  木版画
釣谷幸輝  「予感」
40.0×20.0cm 銅版画
 

▲TOPへ


□ コレクションへの誘い:Spring Sale 木版画セレクション+アートブックセール
会期:2013年5月17日(金)から5月26日(日)まで 会期中5/22(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 今春のセールは、取り扱い作家6名の木版画を16点セレクトし、特別価格でお届け致します。
 また、美術関連図録、書籍等を30冊程取り揃えアートブックセールも同時開催致します。
 是非この機会にコレクションに加えていただければ幸いです。

 出品作家:井上 厚・大貫真寿美・坂本恭子・長島 充・古谷博子・涌田利之


井上 厚「LIFE 2」
木版画 21.0×14.6cn
大貫真寿美「Cloud No.14」
木版画 22.5×11.0cm
坂本恭子「moment tour-bread」
木版画 9.0×5.0cm
長島 充「軽鴨・幼鳥」
木口木版画 15.0×20.0cm
古谷博子「夜の雨」
木版画 30.0×30.0cm
涌田利之「Exlibris チャコとバラ」
木口木版画 11.5×10.0cm

▲TOPへ


□ たおやかな器:お茶の時間
会期:2013年5月3日(金・祝)から5月12日(日)まで 会期中 5/8(水)9(木)休廊
会場:楓画廊
 当画廊の陶器取り扱い作家3名による湯呑みやカップなど50点程を取り揃え、「お茶の時間」をテーマに春の展覧会を開催致します。北区葛塚の楓画廊へ是非お越し下さい。連休中、福島潟の菜の花畑が見頃です

 出品作家:鈴木宏美・・・漆喰壁を思わせるシンプルな汲み出しや市松模様やしのぎをあしらったフリーカップなど
        樽見  浩・・・作家定番の織部の湯呑み
        田代倫章・・・焼〆によるセンスのよいフォルムのカップなど

<周辺情報>
 5月6日までの土日祝 福島潟周辺で菜の花まつり開催中です。JR豊栄駅前より200円で1日乗り放題のバスが運行されます。
 屋台の出店等もあります。先頃、地元商工会から発行された周辺マップも画廊に用意してあります。


鈴木宏美作品
(左)市松カップ 径8.5×高さ7.4cm
(右)細目しのぎフリーカップ 径9.5×高さ7.5cm
樽見 浩作品
(左)(右)織部湯呑み 径7.0×高さ9.0cm
田代倫章作品
(左)灰釉フリーカップ 径9.0×高さ8.5cm
(右)コーヒーカップ 径8.0×高さ7.0cm

▲TOPへ


□ 杉原伸子新作展
会期:2013年4月19日(金)から4月29日(月・祝)まで 会期中4/24(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 3年ぶりの新作個展を開催致します。50号1点、20号3点、小品11点の15点で展観致します。
 杉原伸子は、描いた後ふき取ったり、削ったりと、足しては引くという作業過程の中で、自分の欲しい形や風景を探し求めていきます。これまでは種子や空に浮かぶ対象物を媒介にして「空気感」を描いてきた作家が、今回は純粋に風景を対象に描ききっています。風薫る季節、皆様のご来廊をお待ちしております。


「つむじ風」
岩絵具、和紙
30.0×30.0cm
「風わたるかたち」
岩絵具、和紙
33.5×53.0cm
「光のかけら」
岩絵具、和紙
SM
「森のかけら」
岩絵具、和紙
27.0×16.0cm
「春の山」
岩絵具、和紙
30.0×30.0cm
「音眠る山」
岩絵具、和紙
27.5×45.5cm
「夜の音楽」
岩絵具、和紙
30.0×30.0cm
「森の楽譜」
岩絵具、和紙
30.0×30.0cm
杉原 伸子(すぎはら のぶこ)
1972年  新潟県新発田市生まれ
1995年  武蔵野美術大学造形学部日本画科卒業
1997年  武蔵野美術大学大学院造形研究科
美術専攻日本画コース修了
藍染め工房「壺草苑」にて染色を学ぶ
2002年  個展(楓画廊)以後'04,'07,'10
2009年  美の視点 記憶のかたち
(新潟県立万代島美術館)
現 在  無所属 東京都青梅市在住

▲TOPへ


□ 鈴木宏美陶展
会期:2013年3月22日(金)から3月31日(日)まで 会期中3/27(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 3年前の秋、陶器の展覧会の準備で自分の嗜好に合う作家を探すために益子の町を巡ったことがありました。
ある陶器店で出合った鈴木さんの器は、一瞬にして私の心をときめかせました。いい意味で洗練されていない
その器は、土の温もりと時の移ろいを感じさせるものでした。
 当画廊での陶器による初めての個展開催です。是非ご覧いただければ幸いです。


しのぎ汲み出し
径9.0cm×高6.8cm
鉄釉掛け分け8寸鉢
径24.0cm×高7.0cm
市松カップ
径8.5cm×高7.4cm
Artist Profile:鈴木宏美(すずき ひろみ)
1980年  東京生まれ
2003年  明治学院大学国際学部国際学科卒業
2004年  茨城県笠間市の桧佐陶工房にて勤務
2006年  笠間窯業指導所 成形1科を修了
2009年  栃木県益子町に移り作陶
2012年  セッション2012:2画廊の推薦作家による(Kaede Gallery+full moon)
現 在  栃木県益子町で作陶

▲TOPへ


□ コレクターの眼差し:N氏のコレクションより
会期:2013年3月9日(土)から3月17日(日)まで 会期中3/13(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 個人コレクションを観るのは胸がときめきます。
その蒐集の仕方が数名の特定の作家に的を絞ったものであろうと、
様々な作家を幅広く集めるものであろうと、そこにはコレクターの視点(カラー)が必ずあります。
今回は、「抽象表現の中にも具体的な形が見え隠れする作品」が蒐集の視点という
N氏のコレクションから14点をご覧いただきます。

お断り:作品販売はありません 通常通り入場無料です
  *全出品作リストはDialogueをご覧下さい



大畑博嗣「無題」
水彩 37.5×52.5cm
藤原 祥「光の花」
水彩 45.0×37.0cm
■同時開催:特集展示『今田幸のはな』(2階Kaede 器壁面)
会期:前期 2013年3月9日(土)から3月17日(日)まで 会期中3/13(水)休廊
    後期 2013年3月22日(金)から3月31日(日)まで 会期中3/27(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 メゾチント作品10点ずつを前後期に分けて展示致します。



「根都古草」メゾチント
29.5×19.5cm
「春がくる」メゾチント
13.5×16.0cm
「夕」 メゾチント
29.5×17.5cm

▲TOPへ


□ 花の彩り2013:新潟の作家5名による
会期:2013年2月22日(金)から3月3日(日)まで 会期中2/27(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
出品作家:柏 政光(イラスト) 小山まさえ(パステル画) 坪井麻衣子(油彩画)
       弦巻理江(ガラス絵) 中村一征(ガラス絵)

 当画廊ではおなじみの作家小山まさえ、弦巻理江、中村一征の3名に、昨年初個展を開催した
柏 政光、今回が地元新潟では初の発表となる坪井麻衣子の2名の作家を加え、
今年は様々なジャンルの「花」をご覧いただきます。



柏 政光「今、この場所で精一杯に咲く」
イラスト24.0×19.0cm
小山まさえ「ポピー」
パステル画 31.0×22.0cm
坪井麻衣子「あの日」
油彩画 直径30cm
 
弦巻理江「チューリップ(未来)」
ガラス絵 8.0×6.0cm
中村一征「はな-G1」
ガラス絵 13.5×10.0cm
 





 

▲TOPへ


□ 有元利夫 版画の世界
会期:2013年1月26日(土)から2月11日(月・祝)まで 会期中1/30(水)、2/6(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 夭折の画家有元利夫は38歳で亡くなるまでの10年程の間に、300余点のタブローの他に多くの版画作品を残しました。
今展では2002年に未発表銅版画を集めて刊行された版画集『雲の誕生』28点の中から14点に、1981年刊行の『有元利夫作品集』所収の「コケット」(リトグラフ)、1991年刊行の『有元利夫全作品集』所収の「無題」(カラーエッチング)の2点を加えて展示販売致します。
また、所蔵家のご厚意で賛助出品作として「遊戯」(リトグラフ 1983年)「或る予感」(リトグラフ 1983年)「三人の少女 より」(エッチング 1983年)の3点も併せてご覧いただきます。



「雲の誕生」#2
エッチング 11.4×9.6cm
「雲の誕生」#7
エッチング 13.8×9.8cm
「雲の誕生」#15
エッチング 9.6×6.3cm
「雲の誕生」#20
エッチング 14.5×9.5cm
「雲の誕生」#22
エッチング 8.3×6.3cm
「雲の誕生」#26
エッチング 8.0×6.7cm
 
 

上記の6点以外の出品作⇒#5 #8 #10 #11 #12 #13 #16 #25
お断り:各1点ずつの販売となります。
     ただし、次の4作品は各2点ずつの販売となります。#5 #15 #20 #26

▲TOPへ


□ 大貫真寿美新作展
会期:2013年1月11日(金)から1月20日(日)まで 会期中1/16(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 版画家大貫真寿美さんの3年ぶりの個展を開催します。
 これまでの作品の流れを踏襲しながらも、より装飾的な部分も見せ始めた大貫さんの
新作版画「さじ加減」シリーズを中心に水彩画も加え展観致します。
「さじ加減 No.5」木版画
95.0×65.0cm
「さじ加減 No.6」木版画
95.0×65.0cm
「さじ加減 1の1」木版画
58.0×47.5cm
「さじ加減 No.7」木版画
25.5×25.0cm
「Cloud No11」水彩画
20.0×13.5cm
「Cloud No.26」水彩画
21.0×17.0cm
大貫真寿美(おおぬき ますみ)
1965年  東京生まれ
1988年  多摩美術大学絵画科油画卒業
1990年  多摩美術大学大学院研究生修了
1995年  プリンツ21グランプリ展「特選」
2001年  個展(楓画廊)以後'02,'04,'08,'10
現 在  日本版画協会準会員 東京都世田谷区在住

▲TOPへ


□ 弦巻理江ガラス絵展 Flowers
会期:2012年12月7日(金)から12月16日(日)まで 会期中12/12(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 4年ぶりの個展のテーマはFlowers。花言葉をそえ種々の花々を21点お届け致します。
クリスマスシーズン、宝石のようにきらめく小さなガラス絵の世界をお楽しみいただければ幸いです。
「グロリオーサ(栄光に満ちた世界)」
9.0×7.0cm
「イエローサルタン(信頼)」
9.0×9.0cm
「ダリア(栄華)」
11.0×9.0cm
「アイリス(恋心)」
8.0×6.0cm
「クリスマスローズ(心配を和らげる)」
9.0×9.0cm
「クチナシ(幸福)」
6.0×7.0cm
「月下美人(強い意思)」
9.0×9.0cm
「オリエンタルポピー(繁栄)」
9.0×9.0cm
弦巻理江(つるまき りえ)
1970年  新潟市生まれ
1994年  相模女子大学学芸学部卒業
木版画を鈴木力氏に師事
2003年  個展(楓画廊)以後 '05,'08
2006年  第61回新潟県展版画部門「奨励賞」
2008年  第63回新潟県展版画部門「奨励賞」
現 在  無所属 新潟市在住
  

▲TOPへ


□ たおやかな器Ⅳ:鉢と丼
会期:2012年11月23日(金・祝)から12月2日(日)まで 会期中11/28(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
 日常使いの器を紹介する『たおやかな器』、この秋は会場をKaede Gallery+full moonに移して開催します。
 第4回展は鉢と丼を特集します。取り扱い作家の鈴木宏美(益子)、樽見 浩(山形・南陽)などの新作を中心に
40点程を展示販売致します。

  


□ 楓画廊12周年記念 矢尾板克則×中村一征展
会期:2012年11月3日(土)から11月18日(日)まで 会期中11/7,14(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon
陶と日本画-ジャンルを越えた同世代作家の二人展です。それぞれの作家が日々生み出す
フォルムと様式をお楽しみいただければ幸いです。
矢尾板克則「山・ヘアー」 陶
20.0×18.0×20.0cm
中村一征「器物12-1」膠彩、和紙ボード
M10
矢尾板克則「無題」 陶
18.0×13.0×13.0cm
中村一征「器物12-2」膠彩、和紙ボード
F10
矢尾板克則(やおいた かつのり)
1969年  新潟県長岡市生まれ
1991年  武蔵野美術短期大学陶磁科卒業
熊本の山本幸一氏に師事
現 在  長岡市にて作陶
中村一征(なかむら いっせい)
1968年  新潟県阿賀野市(旧 水原町)生まれ
1990年  東海大学教養学部芸術学科美術学課程卒業
2002年  個展(楓画廊) 以後'04,'06,'07,'09,'11
現 在  無所属 阿賀野市在住
  

▲TOPへ


□ コレクションへの誘い:Autumn Sale
会期:2012年10月19日(金)から10月28日(日)まで 会期中10/24(水)25(木)休廊

会場:楓画廊
 「モノクロームの魅力:動物、そして女性像」をテーマに銅版画と木口木版画作品20点を
特別価格で販売致します。

▲TOPへ


□ 好宮佐知子展 十二ヶ月
会期:2012年10月5日(金)から10月14日(日)まで 会期中10/10(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon
 数年前に初めて好宮さんの作品を観たときに、私自身の感覚にとてもフィットし、自分の画廊で
展示してみたいという思いに駆られました。1年程前に各月1作のペースで作品制作をお願いしました。
 「午後(9月)」から始まる12点を是非ご覧下さい。
「午後(9月)」 11.0×7.3cm 2011年
鉛筆、ガッシュ、紙
「紅いルーフ(12月)」 20.0×27.0cm 2011年
鉛筆、ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
「季節のアーチ(2月)」45.5×38.0cm 2012年
鉛筆、ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
「西方の裾野-2(4月)」 24.2×33.3cm 2012年
鉛筆、ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
「瞬き(6月)」 33.3×24.2cm 2012年
鉛筆、ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
「夏の道-2(8月)」 35.0×27.0cm 2012年
鉛筆、ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
好宮佐知子(よしみや さちこ)
1977年  東京生まれ
2001年  東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2003年  同大学院美術研究科修士課程壁画修了
2006年 同大学院博士後期課程美術専攻(壁画)修了
現 在 無所属

▲TOPへ


□ 柏 政光 イラスト展
会期:2012年9月14日(金)から9月23日(日)まで 会期中9/19(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon
<
 新潟市在住のグラフィックデザイナー柏政光さんの初個展です。「猫を飼いたい」のサブタイトル
通り、猫をモチーフとしたイラスト満載の展覧会です。
 

▲TOPへ


□ 陶3人展-益子から
会期:2012年6月22日(金)から7月1日(日)まで 会期中6/27(水)28(木)休廊

会場:楓画廊
 栃木県益子で作陶する若手作家3名の日常使いの器を中心に50点程を展示販売致します。


□ 特別展 白木ゆり-奏でる線
会期:2012年6月8日(金)から6月17日(日)まで 会期中6/13(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon
 2000年から2003年の間に制作されたSoundシリーズの30番台から90番台の中から15点を
 セレクトし、銅版画集『SONIC 1992~2005』(2005年当画廊より刊行)とともに展観致し
 ます。豊かな音を奏でる白木ゆりの線描の世界をご覧下さい。
「Sound-50」
エッチング、ドライポイント
アクアチント 9.0×12.5cm
「Sound-80」
エングレーヴィング、シュガーチント
80.0×60.6cm
「Sound-96」
エッチング、ディープエッチング
6.0×7.5cm
白木ゆり(しらき ゆり)
11966年  東京生まれ
1987年  女子美術短期大学造形科絵画卒業
1989年  女子美術大学芸術学部洋画(油絵)専攻卒業
1990年 多摩美術大学造形学部版画科研究生修了
2001年 個展(楓画廊)以後 '03,'05,'08,'10
2009年 特集展示『白木ゆり90年代』(楓画廊)
現 在 無所属 東京都世田谷区在住
パブリックコレクション
東京国立近代美術館、和歌山県立近代美術館
新潟県立近代美術館、青島市立美術館(中国)他

▲TOPへ


□ 版画による幻想の世界
会期:2012年5月25日(金)から6月3日(日)まで 会期中 5/30(水)31(木)休廊

会場:楓画廊
 幻想の世界を描き出す4名の作家-作田富幸、長島 充、藤浪理恵子、水津ひとる 
による銅版画、木口木版画15点による展観。


□ 風景への視点:タブロー・ドローイングによる
会期:2012年5月11日(金)から5月20日(日)まで 会期中 5/16(水)17(木)休廊

会場:楓画廊
-->
 杉原伸子(日本画)、瀧谷美香(油彩画、ドローイング)、宮崎文子(ドローイング)、
好宮佐知子(タブロー・ドローイング)らのギャラリーコレクションに新作数点を加え
15点程で展観致します。
杉原伸子「landscape」
岩絵具、和紙 SM
瀧谷美香「交錯」
油彩、キャンバス F10
宮崎文子「まち」
アクリル、クレヨン、紙
21.2×35.3cm
好宮佐知子「色の霧-部屋(11月)」
鉛筆、水彩絵具、白亜地、寒冷紗
20.0×27.0cm
2006年  グループ展『動物のいる風景展』以後 '08
2011年  特集展示『モノクロームの誘惑Ⅲ』

▲TOPへ


□ 小山まさえ展:私の紡ぐ物語Ⅱ-シンプルライフ
会期:2012年4月21日(土)から4月30日(月・祝)まで 会期中4/25(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon
 2006年に開催した個展『私の紡ぐものがたり』から6年。シンプルライフと題し、第2回展を開催致します。
 小山さんの日々の生活の中から切り取られる何気ない風景が、今回はどんな物語を紡ぎだすのか、
お楽しみいただければ幸いです。
「枯葉と」
アクリル、紙 F6
「こもれび」
オイルパステル、色鉛筆、紙 F6
  
小山まさえ(こやま まさえ)
新潟県長岡市生まれ
 
1993年  現代童画展「奨励賞」以後'00
1996年  二科展 以後'99
1997年  越後湯沢全国童画展「佳作賞」以後'04
2000年 個展(ギャラリーZEN・長岡)
2002年 個展(新潟絵屋・新潟)
2004年 個展(楓画廊アネックス)
2006年 個展(楓画廊)以後'08,'10
2007年 個展(ギャラリー炎舎・新潟)
現在 無所属 新潟市在住

▲TOPへ


□ たおやかな器Ⅲ:飯碗
会期:2012年4月6日(金)から4月15日(日)まで 会期中4/11(水)12(木)休廊

会場:楓画廊

 『たおやかな器』の第3回展は飯碗の特集。鈴木宏美、長谷川奈津、松田洋子、村田森、矢尾板克則の
 5名の作家による25点程を展示販売致します。春、新生活の始まりの季節、新たな器をお手元にどうぞ!

 

▲TOPへ


□ 長島 充展:日本の野鳥
会期:2012年3月16日(金)から3月25日(日)まで 会期中3/21(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon
作家在廊:3月19日(月)午後から、20日(火・祝)

 版画家長島 充さんの当画廊2回目の個展を開催します。10年ぶりの個展開催となります。
その間、 様々なグループ展を通じて長島さんの作品を紹介してきましたが、今回は『日本の野鳥』がテーマ です。
長島さん自身も35年以上におよぶ野鳥観察者で、この野鳥シリーズの制作も10数年に渡り、 版画家としてのライフワークになりつつあります。
その中から20点程をご覧いただきます。

「ジョウビタキ」木口木版画
15.0×10.0cm
「軽鴨・幼鳥」木口木版画
15.0×20.0cm
「森の入り口」銅版画、手彩色
25.0×20.0cm
 
長島 充(ながしま みつる)
1959年  千葉県市川市生まれ
1984年  創形美術学校版画科卒業
1985年  同校研究科版画課程修了
現 在  (社)日本版画協会会員 (社)日本美術家連盟会員
(財)日本野鳥の会会員 日本ワイルドライフアート協会会員
千葉県佐倉市在住

当画廊への出品歴
2002年  個展
2003年  グループ展『人物を描く作家たち展』
2004年  グループ展『木口木版画の小宇宙展』
グループ展『12×12のドローイング展』

2006年  グループ展『動物のいる風景展』以後 '08
2011年  特集展示『モノクロームの誘惑Ⅲ』

▲TOPへ


□ コレクションへの誘い:Spring Sale
会期:2012年3月2日(金)から3月11日(日)まで 会期中 3/7(水)8(木)休廊

会場:楓画廊
 大下百華×早川純子×古谷博子の木版画3人展を開催します。それぞれ5点ずつ計15点を特別価格で販売致します。
 皆様のコレクションへ加えていただければ幸いです。

  


□ セッション2012:2画廊の推薦作家による
会期:2012年2月10日(金)から2月19日(日)まで 会期中2/15(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon

 楓画廊推薦作家:コイズミアヤ(立体)、鈴木宏美(陶)、ヤマクラコウジ(写真)
 画廊フルムーン推薦作家:蓮池もも(平面)、早川 昌(平面)
 当画廊の推薦作家3名と画廊フルムーンの推薦作家2名によるグループ展を開催します。
 小さなアートフェスタとしてお楽しみいただければ幸いです。

▲TOPへ


□ 特集展示 涌田利之-木口木版画の小宇宙
会期:2012年1月27日(金)から2月5日(日)まで 会期中2/1(水)、2(木)休廊

会場:楓画廊

  ビュランで繊細な線が彫られ小さな版木の中に小宇宙が生まれる木口木版画。
  涌田利之の世界を90年代後半から近作まで15点程で展観致します。

「EXLIBRIS」木口木版
11.5×10.0cm

涌田利之(わくた としゆき)
1955年  札幌市生まれ
1979年  武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
2001年  個展(楓画廊)以後 '04,'09
2003年  蔵書票への誘い展(楓画廊)
2004年  木口木版画の小宇宙展(楓画廊)
2006年  線と刻展(楓画廊)
現 在  無所属 東京都在住

▲TOPへ


□ 花・華・はな3人展 '12:杉原伸子×中村一征×渡辺富栄
会期:2012年1月13日(金)から1月22日(日)まで 会期中1/18(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon

  一昨年に引き続き3名の新潟在住・出身の日本画家による花をテーマにして3人展を開催します。
 新春のひととき三者三様の『花の彩り』をお楽しみいただければ幸いです。

千日紅 はな 11-b 椿花

杉原伸子「千日紅」
F0(17.9×13.9cm)

中村一征「はな 11-b」
SM(22.7×15.8cm)

渡辺富栄「椿花」
F4(33.4×24.3cm)

杉原伸子 1972年  新潟県新発田市生まれ / '97 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻日本画コース修了
2002年  個展(楓画廊)以後 '04,'07,'10 / 現在 無所属 東京都青梅市在住
中村一征 1968年  新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ / '90 東海大学教養学部芸術学科芸術学課程卒業
2002年  個展(楓画廊)以後 '04,'06,'07,'09,'11 / 現在 無所属 阿賀野市在住
渡辺富栄 1948年  新潟県新潟市生まれ / '72 新潟大学教育学部美術科(日本画専攻)卒業 日本美術院同人片岡球子先生に師事
2010年  個展(楓画廊) / 現在 日本美術院院友 新潟県展委員 新潟市在住

▲TOPへ


□□ 作田富幸展:銅版画・ボックスアート
会期:2011年12月9日(金)から12月18日(日)まで 会期中12/14(水)休廊
(尚、今回は12月20日(火)まで営業、引き続き展示致します)
会場:Kaede Gallery+full moon

 銅版画家作田富幸さんの当画廊2回目の個展を開催します。
作田さんの手からは確かな技術に裏づけられた時空を超えた人物像が描き出されます。
また、2年前当画廊のグループ展をきっかけに制作を始めたBox Artの近作も併せてご覧いただきます。

brillant tears 雲に乗って

「Brillant tears」(部分)
銅版画雁皮刷り、板に貼付
手彩色、コラージュ

「雲に乗って」(部分)
板にテンペラ、釘
アクリルボックス

作田富幸(さくた とみゆき)
1960年  山形県生まれ
1984年  東京造形大学美術学部版画専攻卒業
1985年  第53回日本版画協会展「版画協会賞」('90「準会員賞」会員推挙)
2004年  第6回高知国際版画トリエンナーレ「大賞」
2006年-07年  文化庁在外研修(ユトレヒト・オランダ)
2008年  個展-ユトレヒトシリーズ(楓画廊)
2009年  Box Art 8人の小宇宙(楓画廊)
現 在  日本版画協会会員 東京都在住

▲TOPへ


□ たおやかな器Ⅱ
会期:会期:2011年11月25日(金)から12月6日(火)まで 会期中11/30(水)、12/1(木)休廊

会場:楓画廊
 
日常使いの器を紹介する『たおやかな器』第2回展は、昨秋も紹介した益子で作陶する鈴木宏美さんの花の絵付けの
飯碗、リム付きボールなどの新入荷作品を中心に、新たに京都の作家村田 森さんの器を新たに紹介します。あわせて、
壁面には版画10点をセレクトして紹介します。井上 厚・大下百華・白木ゆり・長島 充・涌田利之の5名の作家、各2
点ずつ展示致します。

▲TOPへ


□ 特別展 人物像8の視点
会期:2011年11月5日(土)から11月20日(日)まで 会期中11/9,16(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon
出品作家:岩間 弘・大石洋次郎・児島新太郎・小林裕児
       齊藤裕紀・釣谷幸輝・藤浪理恵子・星野健司
 
おかげさまで当画廊は12年目に入りました。日頃からの皆様のご愛顧に心より感謝申し上げます。
人物像をテーマにした展覧会は、2006年1月に5周年記念特別展として開催した『10人の人物像展』以来となります。
今回は、タブローと銅版画、彫刻による展観です。8人の作家のそれぞれの世界をご堪能いただければ幸いです。

▲TOPへ


□コレクションへの誘い2011:Autum Sale
井上 厚×大貫真寿美×坂本恭子
会期:2011年10月14日(金)から10月25日(火)まで 会期中10/19(水)20(木)休廊
会場:楓画廊

今秋のセールは、木版画3人展という形でご覧いただきます。
独特のぼかしで心象風景をおだやかに 表現する井上 厚。
彫りと他の技法の併用で、独特の光を表現する大貫真寿美。
伝統的な木版画の色彩をベースに現代的な抽象表現を試みる坂本恭子。
3作家の小品を中心に18点を特別価格にてお届けします。

湖面II 坂本 恭子「a flock」

井上 厚
「LIFE WITH A DOG (5)」
20.0×20.0cm

大貫真寿美
「湖面Ⅱ」
14.0×32.0cm

坂本恭子
「a flock」
35.0×15.0cm

▲TOPへ


□近藤 達雄作品展「花、女、夜-その2」
会期:2011年10月1日(土)から10月10日(月・祝)まで 会期中無休
会場:Kaede Gallery+full moon

 「花、女、夜」というテーマで開催する2年ぶり2度目の個展です。
近藤さんのライフワークでもあるバルティス研究の一端もご覧いただきます。

▲TOPへ


ヤマクラコウジ写真展「発光」
会期:2011年9月16日(金)から9月25日(日)まで 会期中9/21(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon

 夜の人工的な光が織り成す風景を独自のアングルで切り取り心象風景化したモノクローム作品
 16点を展示致します。当画廊初個展です。

420×530mm
木製パネル
ゼラチンシルバープリント

420×530mm
木製パネル
ゼラチンシルバープリント

326×401mm
木製パネル
ゼラチンシルバープリント

326×401mm
木製パネル
ゼラチンシルバープリント

420×530mm
木製パネル
ゼラチンシルバープリント

420×530mm
木製パネル
ゼラチンシルバープリント

326×401mm
木製パネル
ゼラチンシルバープリント

326×401mm
木製パネル
ゼラチンシルバープリント

ヤマクラコウジ
   新潟県三条市(旧栄村)生まれ
2008年  個展「tender」(ギャラリーmuan・長岡)
2009年  個展「サキオ」(ギャラリーmuan・長岡)
「36度7分」微熱展(ギャラリーmuan・長岡)
One-Mart EXPRESS Ⅵ(今井美術館・見附)
2010年  この界隈のビジュツ(ギャラリー炎舎・新潟)
One-Mart EXPRESS Ⅶ(今井美術館・見附)
2011年  BlueSkyProject in Niigata(ギャラリーゆうむ・新潟)
個展「発光」(Kaede Gallery+full moon)
現 在 無所属 三条市在住

▲TOPへ


□ 銅版画の魅力展
会期:2011年9月2日(金)から9月13日(火)まで 会期中 9/7(水)8(木)休廊

会場:楓画廊
 
 銅版画の主な技法であるエッチング、メゾチント、ドライポイントの3つの技法に焦点を当て15点程で展観。



瀧谷美香ドローイング展
会期:2011年7月8日(金)から7月18日(月・祝)まで 会期中 7/13(水)休廊
会場:Kaede Gallery+full moon

 鉛筆やペンによる瀧谷美香のモノクロームの世界をお届けします。この数年、油彩画の発表の合間に描きためた
 (一部グループ展等で発表済)作品の中から10点をセレクト、新作5点を加えて15点で展観致します。

「水郷Ⅱ(Besancon)柳」
334×191
鉛筆2007

「遊園」
480×335
鉛筆2008

「ある道の」
140×240
鉛筆2010

「映るかたち」
250×300
鉛筆2011

「茄子花」
200×290
鉛筆2011

「犀川の灯」
300×490
鉛筆2011

「水面の町」
255×260
鉛筆2011

「佇む樹」
320×210
鉛筆2011

瀧谷美香(たきや みか)

1979年  新潟県上越市生まれ
2002年  個展(楓画廊)以後 '03,'05,'06,'08,'10
2004年  新潟大学大学院教育学研究科美術教育専修修了
2005年  Fied of Now「現代精鋭作家展」
(洋協アートホール・東京 銀座)

個展(美術サロンゆたか・金沢)以後 '06,'07
2006年  第8回雪梁舎フィレンツエ賞展「佳作賞」
2007年  個展(新潟大和美術サロン)
個展(ギャラリー椿GT2・東京 京橋)以後 '09
2011年 個展(ガレリア・ポンテ・金沢)
現 在 無所属 新潟市在住

▲TOPへ



□おだやかな日々・・・展
会期:2011年6月24日(金)から7月3日(日)まで 会期中6/29(水)、30(木)休廊

会場:楓画廊

 
おだやかに過ぎる日々の心象風景を描いた版画や日本画の作品10点に日常使いの器30点を加えての展示。

 岩間 弘 彫刻展
会期:2011年6月3日(金)から6月12日(日)まで 会期中6/8(水)休廊
作家在廊予定日:6月4日(土)、5日(日)
会場:Kaede Gallery+full moon

ブロンズの溶接によるプリミティブな造形を展開する岩間 弘の3年ぶりの個展です。  金箔を用いて新たな肌合いを見せる作品も含め15点程を展示致します。

「星の住処」
ブロンズ、鉄、金箔
h42.0×w33.0×d30.0cm

「星の住処 No.1」
ブロンズ
h21.0×w32.0×d26.0cm

「ドラゴン」」
ブロンズ
h22.0×w60.0×d21.0cm

「夜間飛行」
ブロンズ、鉄
h59.0×w71.0×d41.0cm

「宙を行く」
ブロンズ
h37.0×w48.0×d36.0cm

「波 動」
ブロンズ、金箔
h21.0×w22.0×d12.0cm

「上昇のフォルム」
ブロンズ
h22.0×w32.0×d6.0cm

「マスク」
ブロンズ
h18.0×w21.0×d6.0cm

岩間 弘(いわま ひろし)

1956年  富山県生まれ
1977年  新制作協会展初出品 '95会員推挙
1981年  金沢美術工芸大学大学院彫刻コース修了
1994年  野外彫刻のためのマケット100展(新潟市美術館)
1995年  第5回東京野外現代彫刻展「東京都知事賞」
2000年  個展(ギャラリーせいほう・東京銀座)以後 '05
2004年  個展(豊栄地区公民館ギャラリー・新潟)
2005年 個展(楓画廊)以後 '08
現 在 新制作協会会員 埼玉県在住



▲TOPへ


 井上 厚 木版画展
会期:2011年5月20日(金)から5月29日(日)まで 会期中5/25(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon

3年ぶりの個展は、この3月開催された第7回飛騨高山現代木版画ビエンナーレで準大賞を  受賞した『LIFE WITH A DOG (A)』をメインに、このシリーズの新作を中心に13点での展観です。

「LIFE WITH A DOG (A)」
61.0×61.0cm
木版画

「LIFE WITH A DOG (C)」
61.0×61.0cm
木版画

「LIFE WITH A DOG (F)」
61.0×61.0cm
木版画

「LIFE WITH A DOG (1)」
20.0×20.0cm
木版画

「LIFE WITH A DOG (3)」
20.0×20.0cm
木版画

「LIFE WITH A DOG (5)」
20.0×20.0cm
木版画

「LIFE」
21.5×14.8cm
木版画

「LIFE 2」
21.0×14.8cm
木版画

井上 厚(いのうえ あつし)
1962年  東京生まれ
1988年  東京藝術大学大学院版画専攻修了
1989年  第4回中華民国国際版画ビエンナーレ展「佳作賞」
1990年  現代の版画1990(渋谷区立松涛美術館)
2003年  第3回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ展「奨励賞」
個展(楓画廊)以後 '08
2011年  第7回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ展「準大賞」
東京・名古屋・富山・札幌などで個展多数
現 在 無所属 東京都在住



▲TOPへ


 中村 一征新作展
会期:2011年5月6日(金)から5月15日(日)まで 会期中5/11(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon

今回は「灯火器」シリーズの新作を中心に、花をモチーフにした作品などを加え14点での展観です。
「灯火器」シリーズは、古い灯火器を忠実に写したもの、形をイメージとして象徴的に描いたもの、
2つのパターンで描かれています。

「灯火器-Ⅱ」
膠彩、和紙ボード
M20

「灯火器-Ⅳ」
膠彩、和紙ボード
F20

「灯火器-Ⅲ」
膠彩、和紙ボード
F20

「灯火器-c」
膠彩、和紙ボード
M6

「灯火器-b」
膠彩、箔、和紙ボード
F4
「はな'11 らん」
膠彩、和紙ボード
M6
「はな'11 クリスマスローズ」
膠彩、和紙ボード
P4
「はな'11 ぼけ」
膠彩、和紙ボード
P4
中村 一征(なかむら いっせい)

1968年  新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ
1990年  東海大学教養学部芸術学科美術学課程卒業
1994年  個展(Gアートギャラリー・東京 銀座)
2002年  個展(楓画廊)以後 '04,'06,'07,'09
2003年  花・華・はな3人展(楓画廊)以後 '05,'10
他 個展、グループ展多数
現 在  無所属 阿賀野市在住



▲TOPへ



□ ドローイング 女性作家10の視点
会期:2011年4月29日(金・祝)から5月3日(火・祝)まで 会期中無休

会場:楓画廊
  
ギャラリーコレクションを中心に、10人の女性作家のドローイング13点をご紹介します。
主に紙を支持体に描いたそれぞれの世界をお楽しみ下さい。

特集展示 田中陽子『ダンス*ダンス*ダンス』 出品作家:
梅田恭子・大下百華・佐藤恵美・清水美三子・
白木ゆり・高橋美由紀・瀧谷美香・宮井里夏・
宮崎文子・好宮佐知子
  
▲TOPへ



信田 俊郎展
会期:2011年4月15日(金)から4月24日(日)まで 会期中4/20(水)休廊

会場:Kaede Gallery+full moon

垂直線と水平線による格子による絵画空間を追い求める信田俊郎、2年ぶりの当画廊での
 個展です。50号を中心に7点の油彩画と、9点のパステル画による展覧です。

特集展示 田中陽子『ダンス*ダンス*ダンス』
「絵画No.1-森の村」
油彩、キャンバス
91.0×116.0cm

「絵画No.3-森の影」
油彩、キャンバス
72.5×91.0cm

「絵画2011-3」
油彩、キャンバス
45.0×53.0cm

「絵画2011-2」
油彩、キャンバス
31.5×41.0cm

「無題」
パステル、紙
22.0×28.5cm
「無題」
パステル、紙
17.5×23.5cm
「無題」
パステル、紙
17.0×28.5cm
「無題」
パステル、紙
17.0×23.0cm
信田 俊郎(しだ としろう)
1953年  新潟県佐渡市生まれ
1978年  新潟大学教育学部美術科卒業
1979年  初個展(アトリエ我廊・新潟)以降、個展を中心に活動
2004年  『新潟の美術2004』(新潟県立万代島美術館)以後 '06
現 在  無所属 新潟市在住
当画廊の企画個展
2007年  個展-光の場所-(ai gallery・新潟)
個展-光の場所-(青柳純子展示室・佐渡 佐和田)
2009年  個展(楓画廊)同時開催:ギャラリー蔵織(新潟)


▲TOPへ



田中陽子『ダンス*ダンス*ダンス』

会期:2011年3月25日(金)から4月5日(火)まで 会期中3/30(水)31(木)休廊
会場:楓画廊

 木版画家の田中陽子さんが急逝してから3年になります。 今展では代表作のダンスシリーズを中心に小品を加え12点で展観致します。  お知らせ:今展の売上の一部を大震災の義援金として送ることに致しました。 微力ながら役に立てればという思いです。

特集展示 田中陽子『ダンス*ダンス*ダンス』 百合鴎・冬羽 特集展示 田中陽子『ダンス*ダンス*ダンス』 ジョウビタキ
「The Dance」
木版 29.0×78.0cm

「あこがれの陽」
木版 40.0×26.0cm

「バレリーナ」
木版 39.0×29.0cm

「黒いタイツ」
木版 40.0×23.5cm

会場風景
会場風景会場風景

田中 陽子(たなか ようこ)
1947年 京都生まれ
1970年 和光大学人文学部芸術科卒業
1991年 さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ「スポンサー賞」
1995年 川上澄生木版画大賞展「大賞」
2002年

個展(楓画廊)以後 '04

2003年 新潟県展版画部門審査員
2008年 3月急逝
「田中陽子追悼展」(楓画廊)
2009年 「田中陽子の世界展」(楓画廊)
▲TOPへ

 

コレクションへの誘い2011:Spring Sale
会期:2011年2月11日(金・祝)から2月22日(火)まで 会期中2/9(水)10(木)休廊
会場:楓画廊

   『木版画をお手元に!』をテーマに、日頃あまりご覧いただいていない作品を中心に、木版画、木口木版画合わせて20点を取り揃えました。会期中、全ての作品をセール価格で販売致します。是非この機会に皆様のコレクションに加えていただけたら幸いです。
チューリップ・ガーデン 秋桜 石蕗 花畑
松永かの 「山風」
30.0×26.0cm
木版
高橋 洋 「風の庭 2」
54.0×29.0cm
木版
奥野淑子  「requiem」
20.0×15.0cm
木口木版
涌田利之「クレオパトラ」
6.5×5.5cm
木口木版
▲TOPへ

 

花の彩り-花・華・はな '11
会期:2011年1月15日(土)から1月30日(日)まで 会期中1/19(水)20(木)23(日)26(水)27(木)休廊

会場:楓画廊
  今年も花の展覧会でスタートします。
小山まさえさんの新作小品10点に、日本画セレクション8点を加えての展示です。
雪の舞う季節ですが、一足早い春をお楽しみ下さい。

チューリップ・ガーデン 秋桜 石蕗 花畑
チューリップ・ガーデン
23.2×20.8
オイルパステル&アクリル
秋桜
18×15.3
オイルパステル&アクリル
石蕗
24.5×35.3
オイルパステル&アクリル
花畑
24.5×35.3
オイルパステル&アクリル


会場風景
小山 まさえ(こやま まさえ)
新潟県長岡市生まれ
1993年 現代童画展「奨励賞」以後'00
1996年 二科展 以後'99
1997年 越後湯沢全国童画展「佳作賞」以後'04
2000年

個展(ギャラリーZEN・長岡)

2002年 個展(新潟絵屋・新潟)
2004年 個展(楓画廊アネックス)
2006年 個展(楓画廊)以後'08,'10
現 在 無所属 新潟市在住
▲TOPへ
兎(うさぎ)のいる風景
会期:2010年12月17日(金)から12月22日(水)まで 会期中無休

会場:楓画廊
  
来年の干支「うさぎ」にちなんで『兎(うさぎ)のいる風景』展を開催致します。銅版画家佐藤恵美さんに 依頼し制作した「EX-LIBRIS うさぎⅠ・Ⅱ」とその原画ドローイング3点を中心に、浅見陽子のアクリル画、 鈴木 晃の銅版画、Toshiのアクリル画、早川純子の木口木版画と小立体、涌田利之の木口木版画による18点での展観です。是非ご覧下さい。

兎のいる風景                    兎のいる風景

兎のいる風景展          兎のいる風景展

▲TOPへ
特集展示『坂本恭子 木版画の世界』
会期:2010年12月3日(金)から12月14日(火)まで 会期中12/8(水)、9(木)休廊
会場:楓画廊

   伝統的な木版画の手法、和の色彩で独特な心象風景を描く木版画家坂本恭子。確かな技術と絵作りは 国内外で定評があります。今回は、2007年に当画廊より刊行した木版画集『moment tour-tickets』を 再度ご覧いただくとともに、坂本恭子の世界を20点程で展観致します。是非ご覧下さい。
後藤竜太:つややかな輝きを放つ地釉の器 鈴木 宏美:ほんのりと黄色味がかった仕上がりで時の流れを感じさせる
坂本恭子 木版画の世界 坂本恭子 木版画の世界

坂本 恭子(さかもと きょうこ)
1968年 大阪府生まれ
1993年 京都精華大学大学院美術研究科造形版画専攻分野修了
2001年 あおもり版画トリエンナーレ2001「大賞」
2002年 鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展「審査員賞(酒井賞)」
2003年

木版画の気鋭3人展-鈴木吐志哉・朴 再英・坂本恭子(楓画廊)

2005年 個展(楓画廊)以後 '07
2005年度CWAJオリバー・スタットラー版画家奨励賞
2007年 木版画集『moment tour-tickets』を楓画廊より刊行
現 在 日本版画協会準会員 兵庫県宝塚市在住

▲TOPへ
たおやかな器
会期:2010年11月12日(金)から11月23日(火・祝)まで 会期中11/17(水)、18(木)休廊
会場:楓画廊

   おかげさまで10周年を迎えることが出来ました。日頃の皆様のご愛顧に心から感謝申し上げます。 これを機に、陶磁器を紹介する新たなシリーズ『たおやかな器』をスタートします。第1回展は 栃木県益子の5名の作家に以前ご紹介した樽見 浩(山形)の織部を加えて、日常使いの器40点程を ご紹介します。
後藤竜太:つややかな輝きを放つ地釉の器 鈴木 宏美:ほんのりと黄色味がかった仕上がりで時の流れを感じさせる 額賀 章夫:プリーツ模様を丁寧にあしらった器
後藤 竜太:つややかな輝きを放つ
地釉の器
鈴木 宏美:ほんのりと黄色味がかった
仕上がりで時の流れを感じさせる器
額賀 章夫:プリーツ模様を丁寧に
あしらった器
松田 洋子:和風テイストの絵付けがかわいらしい軽やかな器 マシュー・ジョン・ソヴヤニ:ブルーを基調とした抽象絵画を想わせる器 樽見 浩:織部の急須と湯のみ
松田 洋子:和風テイストの絵付けがかわいらしい軽やかな器 マシュー・ジョン・ソヴヤニ:ブルーを基調とした抽象絵画を想わせる器 樽見 浩:織部の急須と湯のみ

会場風景      会場風景
▲TOPへ

 

コレクションへの誘い2010:Autumn Sale
会期:2010年10月15日(金)から10月26日(火)まで 会期中 10/20(水)、21(木)休廊
会場:楓画廊

    おかげさまで当画廊は11月3日で開廊10周年を迎えます。日頃のご愛顧に対する感謝を込め 秋のセールを開催します。今回は、5,000円と10,000円の2通りの価格設定で版画、ドローイン グなどの小品50点程を取り揃え皆様のお越しをお待ちしています。

    
▲TOPへ
瀧谷美香新作展
会期:2010年10月1日(金)から10月11日(月・祝)まで 会期中10/6(水)休廊
会場:画廊 Full Moon(新潟市中央区東堀通4

    2年ぶりの新作展は『今、ここにいること』をテーマに、街を通してみる心象風景から身近な風景まで新作15点程での展観です。新たな展開を垣間見せる新作にご期待下さい。


星の観覧車 伝書鳩 無 題 無 題
[ダリア]
油彩.キャンバス
F6
[遠橋]
油彩.キャンバス
30×30cm
[家の向こう]
油彩.キャンバス
M6
[眺望]
油彩.キャンバス
F30
星の観覧車 伝書鳩 無 題 無 題
[形影]
油彩.キャンバス
P100
[対舟]
油彩.キャンバス
30×30cm
[桃色の花]
油彩.キャンバス
F8
[陽光の道]
油彩.キャンバス
F10


瀧谷 美香(たきや みか)
1979年 新潟県上越市生まれ
1991年 新潟大学大学院教育研究科美術教育専修修了
現 在 無所属 新潟市在住
   
2002年 個展(楓画廊)以後 '03,'05,'06,'08
2005年

Field of Now「現代精鋭作家展」(洋協アートホール・東京 銀座)
個展(美術サロンゆたか)以後 '06,'07

2006年 第8回雪梁舎フィレンツエ賞展「佳作賞」(雪梁舎美術館・新潟)
2007年 個展(新潟大和)
個展(ギャラリー椿GT2・東京 京橋)以後 '09
2008年 オープニング展 Part 2(ガレリアポンテ・金沢)
  他グループ展多数

瀧谷 美香
&
▲TOPへ
村木 薫彫刻展
会期:2010年9月17日(金)から9月26日(日)まで 会期中9/22(水)休廊
会場:画廊 Full Moon(新潟市中央区東堀通4

   『生成と還元』をテーマに土、わら、木、炭という自然素材による制作にいどむ彫刻家村木薫の6年ぶりの個展です。
卵の形の抽象よりの作品から人物立体まで彫刻8点、ドローイング6点による展観です。


星の観覧車 伝書鳩 無 題 無 題
「生成と還元-生命の形-」
土、わら、木、炭
h85.0×w45.0×d45.0cm
「生成と還元-水滴より 01-」
土、わら、木、炭
h15.0×w30.0×d25.0cm
「生成と還元-水滴より 02-」
土、わら、木、炭
h15.0×w30.0×d25.0cm
「感受性について」
土、わら、木、炭
h40.0×w32.0×d21.0cm
星の観覧車 伝書鳩 無 題  
「対話-人と植物と-」
土、わら、木、炭、貝殻
h54.0×w33.0cm×d15.0cm
「生成と還元-座る」
土、わら、木
h21.0×w25.0×d20.0cm
「生成と還元-立つ」
土、わら、木
h44.0×w10.0×d8.0cm
 


Artist Profile:村木 薫(ムラキ カオル)
1954年 新潟県生まれ
1991年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
1996年 個展「集積と還元シリーズより」(Oギャラリー・東京)
1998年 子どものための美術展 '98(新潟県立近代美術館)
1999年 第6回風の芸術展(鹿児島県枕崎市)
2000年

親と子の滑り台-エチゴビール庭園における環境造形の一部として(旧新潟県巻町)
越後妻有アートトリエンナーレ「松代町周辺における土壁による修景プロジェクト」~継続中(新潟県十日町市)

2001年 弥彦野外アート展(新潟県弥彦村)以後 '03,'05
2004年 個展「木魂-風への予感-」(楓画廊)  
2005年 箱-小さな空間表現-展(楓画廊)
2008年 西区DEアート「新通プロジェクト-幼児期との対話-」(新潟市西区新通地区)
2009年 土と水の芸術祭「亀田本町通り周辺における土と植物による修景プロジェクト」
(新潟市江南区)
2010年 個展「生成と還元」(楓画廊)
現 在 無所属 新潟市在住
 
▲TOPへ
白木ゆり新作展
会期:2010年7月2日(金)から7月11日(日)まで 会期中 7/8(木)休廊
会場:画廊 Full Moon(新潟市中央区東堀通4
同時期開催:砂丘館 7月3日(土)から8月8日(日)まで 砂丘館H.P.へ
    線描による抽象表現で『音』を表現する白木ゆりさんの2年ぶりの展覧会を当画廊と砂丘館にて同時期開催致します。
当画廊の新作展ではエンボスなど新たな表現法による新作15点程を、砂丘館では90年代から近作まで『Sonic』『Sound』
シリーズの作品を中心に40点程で展観致します。


星の観覧車 伝書鳩 無 題 無 題
「楽にして」
銅版画
「雨上がりの朝」
エンボス
「あつまり」
エンボス
「憩うとき」
エンボス
星の観覧車 伝書鳩 無 題 無 題
「School of spring」
エンボス
「梅雨時 3」
紙に銅線
「梅雨時 4」
紙に銅線
「梅雨時 5」
紙に銅線


Artist Profile:白木ゆり(しらき ゆり)
1966年 東京生まれ
1989年 女子美術大学芸術学部洋画(油絵)専攻卒業
1991年 多摩美術大学造形学部版画科研究生修了
1993年 個展(ベイスギャラリー・東京)以後 '94, '00
1999年 現代日本美術展「和歌山県立近代美術館」
2000年 青島国際版画ビエンナーレ「奨励賞」(中華人民共和国)           (プロフィール写真)
2001年 個展(楓画廊)以後 '03,'05,'08
2002年 第21回安田火災美術財団選抜奨励賞展(安田火災東郷清児美術館・東京)   
2004年 『特集・版-その多様な展開』(東京国立近代美術館)
2005年 銅版画集『SONIC 1992-2005』を楓画廊より刊行
2009年 特集展示『白木ゆり '90年代』(楓画廊)
2010年 絵を聴く listen to the etching 白木ゆり展(砂丘館・新潟)
個展-新作展(楓画廊)
現 在 無所属 東京都世田谷区在住

パブリックコレクション
東京国立近代美術館 町田市立国際版画美術館 和歌山県立近代美術館
多摩美術大学美術館 山梨県立美術館 青島市立美術館(中華人民共和国)
▲TOPへ

 

渡辺富栄展-花の彩り
会期:2010年6月18日(金)から6月27日(日)まで 会期中 6/24(木)休廊
会場:画廊 Full Moon(新潟市中央区東堀通4

  日本画家渡辺富栄さんの個展を初開催します。『花の彩り』と題し、四季の花々を日本画11点、木版画6点で展観致します。


星の観覧車 伝書鳩 無 題 無 題
「椿(白)」 P10
岩絵の具、和紙
「牡丹」 P8
岩絵の具、和紙
「赤べことキクイモ」 P6
岩絵の具、和紙
椿(羽衣)」 P3
岩絵の具、和紙
星の観覧車 伝書鳩 無 題 無 題
「蘭の花」 P3
岩絵の具、和紙
「薔薇(黄)」 F3
岩絵の具、和紙
「藪椿(赤)」 SM
岩絵の具、和紙
「翁草(八海山にて)」SM
岩絵の具、和紙


Artist Profile:渡辺 富栄(わたなべ とみえい)
1948年 新潟県生まれ
1972年 新潟大学教育学部美術科(日本画専攻)卒業
日本美術院同人片岡球子先生に師事
1975年 第60回院展 初入選
1979年 日本美術院院友に推挙
1981年 第36回春の院展 初入選
1985年 東京藝術大学美術学部に国内留学
1998年 シリーズ 新潟の美術'98」(新潟県民会館ギャラリー)
2006年 第2回新潟の作家100人」(新潟県立万代島美術館)
2009年 新潟県立佐渡中等教育学校・能舞台鏡板(老松)制作
2010年 個展(楓画廊)
現 在 日本美術院院友 新潟県展委員 長岡造形大学非常勤講師 新潟市在住


▲TOPへ



特集展示『佐藤恵美 猫のいる・・・』
会期:2010年6月7日(月)から6月16日(水)まで


  銅版画の技法メゾチントを駆使し、繊細なタッチで猫の愛らしさを描き出す作家佐藤恵美さんの旧作による
特集展示を開催致します。銅版画とドローイング15点による展示です。




特集展示『佐藤恵美 猫のいる・・・』(6/7~6/16) 会場風景
▲TOPへ

小山まさえ個展
会期:2010年5月22日(土)から6月6日(日)まで 会期中5/27,6/3(木)休廊


  今回の個展は、小山さんが長年取り組んでいる「ものがたりを紡ぐ」世界と、近年取り組んでいる抽象作品を併せて
ご覧いただきます。


それぞれ その時その時
描き上げた繋がりのない1枚1枚の絵の
区切りのように抽象をやり始めたら
これが区切りなくなって
こっちが主体になったみたいですが
1枚1枚が わたしです。     (小山まさえ)


星の観覧車 伝書鳩 無 題 無 題
「星の観覧車」
アクリル、キャンバス
72.7×53.0cm
「伝書鳩」
アクリル、オイルパステル、
キャンバス
60.6×72.7cm
「無 題」
オイルパステル、紙
14.0×16.0cm
「無 題」
オイルパステル、紙
14.0×17.0cm


Artist Profile:小山 まさえ
  新潟県長岡市生まれ
1993年 現代童画展「奨励賞」以後 '00
1996年 二科展 以後 '99
1997年 越後湯沢全国童画展「佳作賞」以後 '04
2000年 個展(ギャラリーZEN・長岡)
2002年 個展(新潟絵屋・新潟)
2004年 個展(楓画廊アネックス)
2006年 個展(楓画廊)以後 '08
現 在 無所属 新潟市在住


*小山まさえ個展(5/22~6/6) 会場風景
▲TOPへ

杉原伸子新作展
会期:2010年5月7日(金)から5月16日(日)まで 会期中5/13(木)休廊
会場:画廊 Full Moon(新潟市中央区東堀通4)


  近年は、春季創画展への出品、県立万代島美術館『記憶のかたち』展への出品など活躍の場を広げる杉原伸子さんの
3年ぶりの新作展を開催致します。植物の種子に旅のイメージを重ね生命感を表現する作品を中心に、日本画と水彩画
15点程による展観です。


 目の前に「みえる」世界と、目を閉じてすべての感覚で「感じとる」世界。
「みえる」世界は刺激的な形と色。「感じとる」世界は光や風など、季節の移ろいの中で
静かに時を重ねていく命の循環の物語。
私は一度それらをすべて記憶の底に沈めてしまう。そして「創造」という世界で熟すのを
待つ。私の絵はそうして出来ていく。
今回の展示では、時を旅する船を連想させる「種」シリーズと植物たちの視点から感じる
光や風のイメージの作品に、水の中や夜を思わせる光景などの作品で構成します。(杉原伸子)


静けさと、浮かぶ大きな森 降りそそぐひかりの星 風の塔 水のかたち
「静けさと、浮かぶ大きな森」
岩絵の具、和紙
59.4×84.1cm
「降りそそぐひかりの星」
岩絵の具、和紙
59.4×84.1cm
「風の塔」
岩絵の具、和紙
43.0×53.0cm
「水のかたち」
岩絵の具、和紙
43.0×53.0cm


Artist Profile:杉原 伸子(すぎはら のぶこ)プロフィール
1972年 新潟県新発田市生まれ
1997年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻日本画コース修了

1993年 春季創画展(~'96)
1994年 上野の森美術館大賞展 賞候補
1996年 個展(同和火災ギャラリー・東京)
2002年 個展(楓画廊)以後 '04,'07
2007年 個展「杉原伸子の世界展」(新発田市市民ギャラリー)
2008年 春季創画展 以後 '09,'10
2009年 『記憶のかたち』(新潟県立万代島美術館)
現 在 無所属 東京都青梅市在住

大貫 真寿美


*杉原伸子新作展(5/7~5/16) 会場風景
▲TOPへ





モノクロームの誘惑Ⅱ
会期:2010年4月16日(金)から4月29日(木・祝)まで 会期中4/22(木)休廊


黒と白のコントラスト、陰影で描かれるモノクロームの世界。多色の表現とは異なった独特の魅力があります。
今回は、瀧谷美香の新作ドローイング5点に、銅版画と木口木版画のセレクション15点による展観です。


雲の刻 海辺の家 工場地帯
「雲の刻」
520×360mm
鉛筆
「海辺の家」
240×350mm 
鉛筆
「工場地帯」
280×510mm 
鉛筆


家のあいだ 彩花
「家のあいだ」
350×240mm 
鉛筆
「彩花」
190×400mm 
鉛筆


Artist Profile:瀧谷 美香(たきや みか)プロフィール
1979年 新潟県上越市生まれ / '04 新潟大学教育人間学部大学院芸術環境創造過程修了
'02 個展(楓画廊)以後 '03,'05,'06,'08 / '05 個展(美術サロンゆたか・金沢)以後 '06,'07 /
'06 第8回雪梁舎フィレンツエ賞展「佳作賞」/ '07 個展(新潟大和)個展(ギャラリー椿GT2・東京)以後 '09 /
現在 無所属 新潟市在住

*モノクロームの誘惑Ⅱ(4/16~4/29) 会場風景
▲TOPへ





コレクションへの誘い2010:Spring Sale-春の光・春の彩り
会期:2010年3月27日(土)から4月11日(日)まで 会期中4/1,8(木)休廊

ひかりのはこ ひかりの舟 No.2 桜月夜 スケッチ-転がる光(3月)
杉原伸子
「ひかりのはこ」
42.0×53.0cm 
日本画
大貫真寿美
「ひかりの舟 No.2」
41.5×34.5cm 
木版画
井上 厚
「桜月夜」
44.5×19.0cm 
木版画
好宮佐知子
「スケッチ-転がる光(3月)」
10.0×14.5cm 
ドローイング


*コレクションへの誘い2010:Spring Sale-春の光・春の彩り(3/27~4/11) 会場風景
▲TOPへ





Under 30 Support Project 渡辺政光展
会期:2010年3月6日(土)から3月21日(日)まで 3/11,18(木)休廊

light keiko ソルベント01
「light keiko」
ミクストメディア
25.5×37.0cm
「ソルベント01」
ミクストメディア
22.0×22.0cm


Artist Profile:
1980年 新潟市生まれ / '07 東京造形大学大学院修了 / '03 台湾国際版画トリエンナーレ /
'04 全国大学版画展「買い上げ賞」ブルガリア国際ミニプリントビエンナーレ / '05 第79回国展版画部門「新人賞」/
'06 第80回国展版画部門「80回記念賞」クラコウ国際版画トリエンナーレ / '09個展「間」(BAMI gallery・京都)/
'10 個展(楓画廊)/ 現在 無所属 東京都在住

*Under 30 Support Project 渡辺政光展(3/6~3/21) 会場風景

▲TOPへ





大貫真寿美展-木版画集『空と密』刊行記念
会期:2010年2月13日(土)から2月28日(日)まで 会期中2/18,25(木)休廊
作家在廊予定日:2月21日(日)

Birdcage 雲と雲の間 家への道 家への道
「Birdcage」
木版
80.0×45.0cm
「雲と雲の間」
木版
45.0×83.0cm
「家への道」
木版
60.0×40.0cm
「家への道」
木版
60.0×40.0cm

露 A house No.10 A bird 金魚鉢
「露」
木版
25.0×14.0cm
「A house No.10」
木版
30.0×20.0cm
「A bird」
木版
30.0×24.0cm
「金魚鉢」
木版
30.0×24.0cm

Artist Profile:
1965年 東京生まれ / '88 多摩美術大学絵画科油画専攻卒業 / '90 多摩美術大学大学院研究生修了 /
'95 プリンツ21グランプリ点「特選」/ '96 個展(ガレリア・グラフィカbis・東京 銀座)以後隔年開催 /
'97 木版画集『さじ』刊行 / '01 個展(楓画廊)以後 '02,'04,'08,'10 / '04 木版画集『paris・・・対なもの・・・』刊行 /
'10 木版画集『空と密』刊行 / 現在 日本版画協会準会員 東京都世田谷区在住
大貫 真寿美

*大貫真寿美展(2/13~2/28) 会場風景

▲TOPへ





新春を彩る 花・華・はな3人展'10 杉原伸子×中村一征×渡辺富栄
会期:2010年1月16日(土)から1月31日(日)まで 会期中1/21,28(木)休廊

春を運ぶ雲 風を探す旅 風を探す旅 旅立ち
「春を運ぶ雲」
岩絵の具、和紙
42.0×30.0cm
「風を探す旅」
岩絵の具、和紙
30.0×42.0cm
「風を探す旅」
岩絵の具、和紙
SM
「旅立ち」
岩絵の具、和紙
SM

中村一征作品
はな'09 Orchid-1 はな'09 Orchid-3 はな'09 Orchid-4 はな'09 Orchid-5
「はな'09 Orchid-1」
膠彩、和紙
F4
「はな'09 Orchid-3」
膠彩、和紙
F6
「はな'09 Orchid-4」
膠彩、和紙
F6
「はな'09 Orchid-5」
膠彩、和紙
6M

渡辺富栄作品
春の花(椿) 秋に歌う(鶏頭) 秋に寄せて(桃色の菊) 椿
「春の花(椿)」
岩絵の具、和紙 
F3
「秋に歌う(鶏頭)」
岩絵の具、和紙 
F6
「秋に寄せて(桃色の菊)」
岩絵の具、和紙 
F6
「椿」
岩絵の具、和紙 
F4

*新春を彩る 花・華・はな3人展'10 杉原伸子×中村一征×渡辺富栄(1/16~1/31) 会場風景
▲TOPへ

⇒2009年後期の展覧会の記録へ

ホームへ